医師事務作業補助者のご紹介

医師事務作業補助者とは

 医師は診療業務だけでなく文書作成やカルテ入力などの事務作業も行っており、これらの事務的な業務をサポートする役割として当院では医師事務作業補助者を募集しています。

 医師のさまざまな仕事のうち、「書類を作る、整理する、入力する」等の事務的なものについては、医師の指示の下に事務職員が代行することが可能です。

 

仕事内容

<外来・入院・退院補助>

 診察までの待ち時間の緩和や医師が診察業務に専念できる環境づくりを目的として、入退院の書類作成を行っています。

  • 新規赴任医師・日曜救急医師・非常勤医師に電子カルテの操作説明
  • 検査オーダー・処方箋の変更及び代行入力
  • 各指導料・管理料・トリアージ加算・疑い病名の代行入力
  • 訪問診療のためのカルテ代行入力・処方代行入力・予約票印刷
  • 専門外来・健康診断・特定検診・各種予防接種の診療補助
  • 紹介状・報告書・検査結果等の処理や整理
  • 医師休診等に伴う予約変更の連絡と検査オーダー変更
  • 入院時準備や退院時の書類処理や管理
  • 退院後初回受診の予約等など

書類作成補助

 主治医意見書などの書類作成から出来上がるまでの日数短縮と医師の負担軽減を目的とし、医師の指示の下、医師が最終的に確認し、署名することを条件に記載を代行しています。

研修制度

 医師の事務作業の負担軽減を図るための施設基準として「医師事務作業補助者体制加算」があります。

 この届出の要件のひとつに、6ヶ月の研修期間中に32時間以上の研修を実施して基礎知識を習得することとなっています。

 当院では以下のような34時間のスクリーニング研修を実施しています。

採用時(4時間)

  • 病院の理念等 (1時間)
  • 接遇研修・院内オリエンテーション (1時間)
  • 医療機器の安全研修 (1時間)
  • 院内感染予防対策研修 (1時間)

採用時から6か月以内(30時間の研修)

  • 医師事務作業補助者とは (2時間)
  • 医療関連法規 (2時間)
  • 医療保険制度 (2時間)
  • 個人情報保護 (2時間)
  • 診療録の記載事項・院内帳票作成 (2時間)
  • 各種診断書等について (2時間)
  • 医療機関の安全管理 (1時間)
  • 院内感染予防対策 (1時間)
  • 病院機能と組織の役割 (11時間)
  • 診療科別の身体の構造と機能 (1時間)
  • 診療別疾患の診断と治療 (1時間)
  • 各種診断書等の作成 (2時間)
  • 院内レポート作成 (1時間)

在職者からメッセージ

 この仕事を通して医師から「ありがとう」「助かります」と言われた時や患者さんから笑顔をい

ただいたときにやりがいを感じ、また、自分の仕事が地域の皆様のお役に立っていると実感します。

 未経験の方でも丁寧に業務内容を教えますので安心してご応募ください。

 医師事務作業補助者として、秩父地域の医療に私たちと一緒に貢献していきませんか?