平成29年度教育長からのメッセージ

平成29年度新谷教育長のメッセージ

2018年2月7日 龍勢祭 国の文化財指定へ 〜不言感化の教育 秩父・吉田からの発信~

 国の文化審議会は、平成30年1月19日、「秩父吉田の龍勢」を国の重要無形民俗文化財に指定するよう、文部科学大臣に答申しました。今後、指定書の交付、官報告示を経て、正式に国の指定となります。秩父市の国指定文化財は、有形文化財の内田家住宅、民俗文化財の秩父祭屋台、秩父祭の屋台行事と神楽、記念物の栃本関跡、古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群に加え、6件目となります。また、打ち上げ式の煙火の国指定は全国初のものです。
 今回の指定は、吉田地域の皆様、保存会の皆様が、長年にわたり努力を重ね、伝承に尽力されてきたことの賜物であり、これまでの並々ならぬご尽力に敬意を表するとともに、秩父市民をあげてお祝いしたいと思います。
 
 秩父吉田の龍勢は、製造から打ち上げまでを地域の人たちが行っている打ち上げ式煙火の希少な伝承例です。また、龍勢製造所を地域内に設け、火薬の管理や製造に取り組むなど、保存の体制も整っています。さらに、伝統をしっかり守るとともに、秩父を舞台にした龍勢も登場するアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」にちなんだ「あの花龍勢」を毎年打ち上げるなど、新たな要素も取り入れています。

 地元の秩父市立吉田小学校では、毎年3年生が総合的な学習の時間のなかで龍勢について学んでいます。吉田龍勢保存会の方が講師となり、松や竹を実際に使った「ミニ龍勢」を製作したり、打ち上げ前の口上・太鼓などにも取り組み、発表をしています。また、秩父市立吉田中学校でも、3年生が総合的な学習の時間で龍勢伝承学習に取り組み、口上・太鼓で龍勢祭に参加したり、生徒が製作した落下傘を実際に打ち上げています。

 秩父・吉田地域では、近代教育の先駆者、吉田小学校の初代校長 増田玄次郎先生の教えである『不言感化』の教育が現在も教育の根底に流れています。

  百の説法より  一の実行尊く、
  百の訓言より  一の教師示範に真価あることを 忘るべからず
  不言感化こそ  教育の真髄なり(吉田小学校初代校長 増田玄次郎)
 
 龍勢に対する一途な想いと地域の皆さんの熱心な指導を通して、不言感化、地域への愛着と伝統文化を愛する心をしっかり育てています。


 秩父吉田の龍勢について(吉田龍勢保存会ホームページ)
 http://www.ryusei.biz/

2018年2月7日

ブログ用カレンダー_標準

<2022年9月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

平成29年度以前の教育長のメッセージ

平成28年度
平成27年度