特定外来生物防除事業

 もともと日本にいなかった生き物で、地域の自然に大きな影響を与える生物を特定外来生物といいます。県内ではアライグマ、カミツキガメ、ブラックバスなどの動物、またオオキンケイギクなどの植物が確認されています。秩父市では、埼玉県の「アライグマ防除計画」に同意し、アライグマの捕獲を行っています。