平成27年度教育長からのメッセージ

平成27年度新谷教育長のメッセージ

2015年10月6日 学ぶことの意義 ~できることを増やしていく喜び~

 本年4月に秩父市教育長に就任し、半年が経過しました。この間、美しい自然、伝統文化、祭りなど、様々な“秩父のよさ”に触れ、これを維持・継承していくことの大切さを実感しました。2学期に入り、中学校、小学校、幼稚園、それぞれで、青空の下、武甲山を望みつつ、体育祭・運動会が開催され、子どもたちの声が校庭全体に響き渡りました。
 1学期以来、全ての小中学校を訪問し、校長先生の学校経営の方針をお聴きし、実際に授業も拝見しました。各学校の経営方針は、それぞれ児童生徒の実態や地域の実情に応じた確かなものであり、教員もその方針の下、熱心に授業に取り組んでいます。子どもたちも明るく素直であり、地域、保護者の皆様も学校に協力的です。
 現在、基礎学力の向上が課題となっていますが、このような学校の状況を拝見し、皆で協力して取り組めば、必ず成果が出るものと確信しました。そのための取り組みの大きな方向性を教育委員会として出していきたいと思います。
 まずは、この機会に「何のために学ぶのか 」それぞれの立場で考えたいと思います。子どもたちにもじっくりと考えてもらいたいと思います。答えは一つでなくてもいい。それぞれ置かれている環境が異なります。それぞれの意義があっていいと思います。
 こんなことを考えています。人にとって、「できること増やしていくことは喜びである」ということです。生まれて初めて独りで立つことができた幼な子が満面の笑顔であることを思い起こせば、これは人間の本性であると思えます。学び、できることを増やすのは、人にとって喜びであること。今はできないことを、自らの明日のために、一つ一つできるようにすること。学ぶことの意義をこのように考えれば、全国学力テストへの取組の姿勢も変わってくるはずです。一人一人の子どものできないところは何か、できる様にするにはどの様な指導が必要か。子どもたちのできることを増やしていく。これを喜びとして、取り組んでいきたいと思います。

2015年10月6日

ブログ用カレンダー_標準

<2022年9月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678