西武秩父線利用促進協議会

 西武秩父線は、秩父地域の住民にとって通勤・通学など、日常生活に欠くことのできない路線であり、また、観光行政、産業経済の観点からも、秩父地域の振興・発展のため、秩父鉄道とともに、極めて重要な役割を担う公共交通機関となっています。

 秩父地域としては、今後も継続的に路線が確保されるよう、地域をあげて積極的に活用するべく、利用促進に主眼を置いた会を平成25年5月に立ち上げ、事業を進めています。

 

協議会参加団体 

  • ちちぶ定住自立圏を構成する1市4町(秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町)
  • 埼玉県(秩父地域振興センター)
  • 1市4町の商工団体
    (秩父商工会議所、荒川商工会、皆野町商工会、長瀞町商工会、西秩父商工会)
  • 1市4町の観光協会
    (秩父観光協会、横瀬町観光協会、皆野町観光協会、長瀞町観光協会、小鹿野両神観光協会)

 

利用促進事業

 

 現在、第1弾として実施されている事業は、「乗って楽しむ」、「乗って得する」、「まるごと秩父PR」のテーマに分けられます。主な事業を紹介します。

 

得しちゃえ「秩父へグッと()ーポン」

 西武秩父線に乗って秩父へおいでいただいた方で、西武秩父駅、横瀬駅、芦ヶ久保駅で下車された方にクーポンを配布し、秩父地域の飲食店、菓子店、宿泊施設など111店舗でお得なサービスが受けられるものです。

 また、貸切観光タクシーを予約利用された場合には、秩父の名産品がプレゼントされます。

 下記のパンフレット(ダウンロードデータ)をご覧ください。パンフレットは西武線各駅にも置かれています。

 ※クーポンサービスは、秩父夜祭の12月2日、3日は適用されません。

得しちゃえ「秩父へグッと来(ク)ーポン」パンフレット 表紙・裏表紙(1304KB)

得しちゃえ「秩父へグッと来(ク)ーポン」パンフレット 特典内容(1561KB) 

 

誘客DVD・CD

 西武沿線に関係するタレントなどが秩父の見どころやグルメなどをPRします。

 DVDには落語家の林家たい平さんが登場します。県内を中心とした道の駅などのモニターで放映されています。

 CDには林家たい平さんの他、次の方々が登場し、県内のスーパーマーケットで放送されています。

  • 日本女子サッカーリーグのASエルフェン狭山FC所属 荒川恵理子さん
  • FM-NACK5のパーソナリティ 大野勢太郎さん
  • アニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」の「めんま」の声優 茅野愛衣さん
  • 旧荒川村(現秩父市)出身のTHE ALFEE 桜井賢さん
  • 所沢市在住の経済評論家 森永卓郎さん

 

ステッカーPR

 「Visit 秩父」のロゴをあしらったステッカーを、秩父地域から外に出る機会の多い観光バスやトラック、営業車などを中心に貼っていただくことにより、秩父地域が一丸となって「電車で秩父へ」来ていただくための利用促進の取組みを進めていることをアピールしています。

 

ステッカー

 

つぶやきPR・バナーPR

 ツイッターやフェイスブックを利用されている方に、みなさんが知っている、または、旅行雑誌に載っていないような秩父のおすすめスポットやグルメなどの情報を「Visit 秩父」を合言葉につぶやいたり、投稿したりしてより多くの方にPRをお願いしています。
 また、下のバナー画像を協議会員などの秩父圏域企業等のホームページに張ってもらうことにより、秩父が一体となって利用促進に取り組んでいることをPRしていきます。
つぶやきPR市報記事(51KB)

Visit 秩父バナー画像

 

デジタルサイネージ

 都心からの玄関口である西武鉄道池袋駅にデジタルサイネージを設置し、タイムリーな秩父の観光案内情報を提供し、西武線を利用する多くの方々に秩父のPRをしています。
 具体的な設置場所は、西武鉄道池袋駅1階改札口を入り、左側の店舗の横です。 
 ※デジタルサイネージとは、映像表示装置とデジタル技術を用いた広告媒体のことです。従来のポスターや看板と
  異なり、通信ネットワークを利用することで、表示内容をリアルタイムで更新したり、複数の広告を配信したり
  することができます。

デジタルサイネージ01 デジタルサイネージ02

協議会事務局

 秩父市市長室地域政策課