甲武信源流サミット

 秩父多摩甲斐国立公園に位置する甲武信ケ岳を囲む、秩父市・山梨市・川上村は、地域の自然保護、環境保全および美化に対する問題について、お互いに考え、お互いに取り組んでいます。平成19年に秩父市を会場に「甲武信源流サミット」を開催し、毎年継続して源流地域の皆様とともに「いのちの水」の大切さを内外に発信しています。 
 

甲武信源流サミット宣言

 
 甲武信ヶ岳に源を発する荒川、笛吹川(富士川)、千曲川(信濃川)の源流域に位置する埼玉県秩父市、山梨県山梨市、長野県川上村は、「いのちの水」を育む地域として流域の人々の暮らしを支えてきました。
 しかし、近年源流の森は山の担い手不足や鳥獣害などのために荒廃しつつあり、このままでは、源流の森が生み出す緑の大気や清流を守り続けていくことができなくなってしまうかもしれません。

 このため、甲武信ヶ岳を中心とする源流地域に住む私たちは、この流域のすべてのいのちを育み、守る使命のあることを確認し、地域の環境保全・改善等のための取組みを進め、さらに、他地域からも源流地域に目を向けていただけるよう協力を求めることが肝要と思います。

  そこで、私たち3自治体は、豊かな自然環境を子孫へ伝えるために、力を合わせて源流の森を守ることを誓い次のとおり宣言します。

甲武信源流サミット宣言文

  1. 甲武信ヶ岳を中心とする源流地域は、人間のいのちの源となる水を育む地域であることを下流域の住民にも訴え、その環境保全・改善に努めます。
  2. 甲武信ヶ岳を中心とする源流地域の環境、生態系、住民生活に重大な被害を及ぼす有害鳥獣については、実態を把握し、地域間で相互に情報を共有して必要な対策を講じます。
  3. 甲武信ヶ岳を中心とする源流地域にあり、限界集落に直面している地域は、今後も良き日本文化を継承しながら、地域の環境保全を支えなければならないため、これら集落の将来を見据え、後世に残していくよう努力します。
  4. 甲武信ヶ岳を中心とする源流地域に保全されている原生林や自然環境を守るため、山林火災等の防止に努め、互いに協力します。

 甲武信ヶ岳は、東京湾、駿河湾、日本海に注ぐ3河川の分水嶺で、その流域面積は広大であり、この宣言を全国に発信することは大変価値のあることです。このため、国及び関係する都県に森林環境税の導入や、この目標を達成するための協力を要請します。

秩父市長  久喜 邦康
山梨市長  竹越 久高
川上村長  藤原 忠彦


過去のサミット

 

第6回甲武信源流サミット

とき:平成24年10月17日(水) 15時~17時
ところ:川上村文化センター

第5回甲武信源流サミット

とき:平成23年8月20日(土) 13時~15時
ところ:西沢渓谷入口道の駅みとみ特設会場

第4回甲武信源流サミット

とき:平成22年10月16日(土) 13時~16時
ところ:秩父ミューズパーク音楽堂

第3回甲武信源流サミット

とき:平成21年10月24日(土) 10時~16時
ところ:川上文化センター

第2回甲武信源流サミット

とき:平成20年9月20日(土) 15時~17時
ところ:東京都千代田区大手町JAビル(JAホール)

第1回甲武信源流サミット

とき:平成19年11月18日(日) 10時~16時30分
ところ:秩父ミューズパークスポーツの森