秩父市結婚新生活支援事業補助金

新婚世帯の新居に係る住宅費及び引越費用を最大60万円補助します

 

対象となる世帯

次のすべてに当てはまる夫婦

  • 令和3年1月1日から令和4年3月31日までの期間に婚姻届を提出し、受理された夫婦
  • 婚姻届を受理された日において、夫婦ともに39歳以下
  • 原則として令和2年中の夫婦の所得を合算した金額が400万円未満(目安:年収約550万円未満)
    ※申請日において、無職の場合や、貸与型奨学金を返済中である場合はそれぞれの計算方法による
  • 申請日において、対象となる住宅が秩父市内にあり、夫婦双方又は一方が当該住宅の住所に住民登録をしている
  • 市税等の滞納がない
  • 夫婦の双方が過去に他自治体を含む本補助金の交付を受けていない
  • 市が指定する、結婚、妊娠・出産、子育て等に関する取組に参加すること
  • 秩父市暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団員ではないこと

補助額

住宅費用と引越費用の合計金額で下記の範囲

  • 婚姻日において夫婦ともに29歳以下の場合、一世帯あたり上限60万円
  • 婚姻日において夫婦ともに39歳以下の場合、一世帯あたり上限30万円

補助対象となる経費

令和3年1月1日~令和4年3月31日までの間に、夫婦が支払った住居費及び引越費用

※前払家賃の場合、対象期間のものに限る。(令和4年3月中に支払った、令和4年4月分は含まない。)

※勤務先からの住宅手当や公的家賃補助分を控除した額とする。

 

  • 婚姻を機に新たに取得または賃借する住宅に係る費用

 対象 : 住宅取得費、賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料

 対象外: 土地購入代、住宅ローン手数料、物件清掃代、更新手数料、火災保険料等

 

  • 引越する際に要した費用

 対象 : 引越業者又は運送業者に支払った費用

 対象外: 不用品の処分費用、レンタカーを借りての引越や知人等に依頼した費用

申請期限

令和4年3月31日まで

 

申請様式等

申請様式1(86KB)

申請様式2(30KB)

その他必要な添付書類は、申請様式1に記載があります。

申請は地域政策課で受付けています(申請書の提出から、補助金の受け取りまで1か月程度かかります)。

 

交付要綱(87KB)
リーフレット(379KB)

対象者確認シート(269KB)

 

実施計画

令和2年度地域少子化対策重点推進交付金(令和2年度第3次補正予算)実施計画書(86KB)

 

 

申請者の声

  • 令和3年10月、第1号の申請を受け付けました!

「結婚を機に新居を建てました。家具を揃えたりと初期費用がかかりましたが、補助金のおかげでそのあたりの我慢をせずにすみました。まさに新生活応援の補助金だと思います。」(M様)