秩父市総合教育会議・秩父市教育大綱

総合教育会議

 
 平成27年4月1日から施行された「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」により設置することとされた、地方公共団体の長と教育委員会により構成される会議です。
 この総合教育会議を設置することにより、教育に関する予算の編成・執行や条例提案など、重要な権限を有している地方公共団体の長と教育委員会が、十分な意思疎通を図り、地域の教育の課題やあるべき姿を共有して、より一層民意を反映した教育行政の推進を図ります。

総合教育会議設置要綱・傍聴要領

平成29年度第3回総合教育会議を開催します 

とき

  平成29年11月13日(月曜日) 16時


ところ

  本庁舎4階 第3委員会室


議題

  1. 前回までの議題に関する対応状況について
  2. 今後の課題と取組について

※議題については、変更となることがあります。

傍聴者の定員

 10人
※受付は本庁舎4階第3委員会室前で行い、開会10分前から開会時刻まで行います。
※受付者が定員を超えた場合は、当日抽選します。

総合教育会議議事録

<平成29年度>

<平成28年度>

<平成27年度>



秩父市教育大綱


 秩父市教育大綱は、前述の法律において、国の教育振興基本計画における基本的な方針を参酌し、地域の実情に応じた、地方公共団体の教育、学術および文化の振興に関する総合的な施策の大綱を定めるものとされたことから、秩父市総合教育会議において協議を行い策定しました。
 秩父市教育大綱は、秩父市が教育における将来的な目標とする基本理念と、基本理念を実現するために4つの視点から捉えた基本方針から構成されています。なお、大綱の対象とする期間は、平成32年度までの5年間とします。
 教育大綱は目標や施策の根本となる方針を定めるものであり、詳細な施策について策定するものではないことから、今後の秩父市の具体的な教育施策については、秩父市教育大綱の実現に向け、市長と教育委員会、市の関係部局や学校、その他教育関連機関などすべてが連携しながら進めていくものとします。

秩父市教育大綱