年金生活者支援給付金制度がはじまります

年金生活者支援給付金制度が始まります (令和元年10月1日よりスタート)

 年金生活者支援給付金とは、公的年金等の収入や所得額が一定基準額以下の、年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。
 受け取りには請求書の提出が必要です。ご案内や事務手続きは、日本年金機構(年金事務所)が担当します。
対象となる方(どちらか片方で可)                     

 

  • 老齢年金を受給している方

  更に以下の要件を満たしている必要があります
   65歳以上の方
   世帯全員が市町村民税を非課税となっている場合
   年金収入額とその他の所得額の合計が879,300円以下の方     

  • 障がい基礎年金、遺族基礎年金のどちらかを受給している方     

  更に以下の要件を満たしている必要があります
   前年の所得が4,621,000+扶養親族の数×38万円以下の方

  
  ※請求手続きはお早めにお願いします。手続きが遅れるとその分給付金支給が遅れる場合があります。
   また、さかのぼっての請求は出来ませんのでご注意ください。

 請求手続き

 

  • 平成31年4月1日以前から年金を受給している方

   対象となる方には、日本年金機構から請求手続きのご案内が9月上旬から順次届きます。
   同封のはがき(年金生活者支援給付金請求書)を記入の上提出してください。                              

  • 平成31年4月2日以降に年金を受給しはじめた方

   年金の請求手続きと併せて年金事務所または市区町村で請求してください。

※日本年金機構や厚生労働省を装った不審な電話や案内にご注意ください。日本年金機構や厚生労働省から、口座番号を聞き出したり、手数料などの金銭を求めることはありません。
 また、より詳しい内容や給付額に関しては厚生労働省開設の特設サイトをご覧ください。

リンク