交通事故にあったら(第三者行為による保険給付)

交通事故など他人からの加害行為により治療を受けるとき

第三者行為の傷病届

 交通事故や傷害事件など、他人からの加害行為(第三者行為)により傷病し、治療を受ける場合、本来加害者が医療費を負担すべきものですが、届け出を行うことにより、国民健康保険での治療を受けられる場合があります。この場合、国民健康保険が一時的に医療費を立て替え、後からその医療費を加害者に請求することとなります。

 保険証を使用して治療を受けるときは、保険年金課国民健康保険担当まで連絡を行い、『第三者行為による傷病届』を提出してください。

 なお、届け出をする前に加害者と示談すると、国民健康保険が使えなくなる場合がありますので、示談する前に保険年金課までご連絡ください。

保険証が使えないとき

次の例に該当する場合は保険証が使用できません。
  • 業務上の怪我や病気により、労災保険の適用を受けるとき
  • 故意の犯罪行為や事故等による傷病
  • けんか、泥酔による傷病
  • 医師や国保の指示に従わないとき