メディカルスタッフによる職場紹介

臨床検査科

 臨床検査科臨床検査科は、血液・尿などの検体検査と心電図・エコーなどの生理機能検査を行ってます。検体検査では主に肝臓、腎臓や甲状腺等の機能検査、腫瘍の有無や経過を目的とするマーカー検査、尿一般検査、輸血時の交差適合試験等の一般的な検査を院内で行っています。一部特殊な検査は外部委託しています。

 一方、生理機能検査は心電図、ホルター型心電図、肺機能、脳波検査、一泊入院での睡眠時無呼吸症候群の検査や心エコー、腹部エコー、下肢エコー等のエコー検査を行っています。

 予約制の検査でも緊急のオーダーに対しては柔軟に対応しています。また、各委員会にも参加して他部署との連携も大切にしています。

 正確なデータを早く提供することで患者様のQOLの向上に貢献できるように日々頑張っています。

先輩職員からメッセージ                                           

 縁の下の力持ち的な職場ですが、患者様の笑顔を思いながら頑張っています。

 

放射線科

放射線科

 患者様に誠実で、信頼される質の高い画像を提供するように努めており、さらに放射線機器の適切な管理と適正化された診療用放射線の使用により、安心して安全な検査が受けられるように取り組んでいるところです。救急医療における急性期疾患の画像診断の重要性は高く、早急な対応による的確な検査ができるように、放射線科内および他の部門との連携を図っています。

 病気の画像診断のために、各診療科の医師からX線撮影をはじめとした各種の放射線検査を受けています。特にCT検査では、高速撮影が可能で、被ばく低減しながらも高画質の画像を得ることができ、心臓CT検査(循環器内科)や大腸CT検査(消化器内科)にも対応しています。MRI検査は、磁石の力と電波を使うため放射線の被ばくがなく、様々な部位の疾患に対して詳細な情報を画像としており、頭部や肝臓、血管などは特殊な検査法も使用しています。さらに、医療の進歩にともなう専門性が高い特殊な検査についても、専門職として検査技術を高め、各分野での個々の専門的スキルを活かし、スタッフ間での連携を図り対応しています。

先輩職員からメッセージ                                           

 日々いかつい機器を操作して、時にシビアな顔つきをしていますが、実は明るく楽しい個性豊かな人間の集まりです。

 

薬剤科

 薬剤科薬剤科は薬剤師7名、調剤補助1名が在籍し、電子カルテや調剤支援システムを活用した調剤、外来化学療法の調整をはじめ、病棟における薬剤管理指導や医師の処方支援、医師・看護師等に対して新薬の情報や医薬品に関する安全性情報の提供業務を行っています。

 また、感染制御認定薬剤師や糖尿病療法士など各専門領域の薬剤師を中心に感染対策・糖尿病療法・化学療法・緩和ケア・褥創治療・医療安全等の各チームや委員会に所属し、回診への参加など多職種連携にも力を入れています。

 その他、秩父郡市薬剤師会と協力し、お薬手帳の有効活用や吸入指導ネットワークなどの薬薬連携を通じて入院から在宅まで患者様に最適な薬物治療が継続してできるよう取り組んでいます。また、薬学実務実習の受け入れを通し、後進の育成にも力を入れています。

 今後は、多様化する医療の中で対物業務は機械化による業務効率化を行い、対人業務に力を注ぎ、個々の患者様にあった最善の薬物治療を提供できるよう努めていきます。

先輩職員からメッセージ

 医療の高度化・専門家が進み、薬物治療に関しても幅広い知識が必要とされています。当院は同僚の薬剤師への相談や多職種との連携を通じて自己研鑽が積める環境です。急性期から慢性期まで幅広い分野の薬物治療を実践し、秩父の地域医療に貢献できる職場で活躍してみませんか?

 

臨床工学科

 臨床工学科臨床工学技士3名(うち2名常勤)で血液浄化および医療機器の保守管理を行っています。血液浄化では血液透析・CART・CAP療法、保守管理業務では輸液・シリンジ・経腸栄養ポンプ、人工呼吸器、除細動器、心電図モニターの保守を行っています。

 安全性能を維持した効率的な医療機器の稼働、そして専門的な知識・技術の提供ができる環境を構築しています。

 

 

 

 

先輩職員からメッセージ                                            

 患者さんやスタッフとコミュニケーションを取りながら、一人ひとりに寄り添った医療機器の管理を行っています。日々、技術を高め合える働きがいのある職場です。

 

リハビリテーション科

 リハビリテーション科本館2階外来部門の一番奥に理学療法室・作業療法室があり、言語聴覚療法室は新館にあります。現在、理学療法士5名(うち1名は地域包括ケア病棟専属)、作業療法士2名、言語聴覚士1名、歯科衛生士1名(大滝国民健康保険診療所との兼務)が勤務しています。

 新規処方件数は年間約1,000件で、内科からの依頼件数が6割を占め、高齢化、障害の重症化や複雑化が感じられます。疾患別には運動器、呼吸器、脳血管、廃用症候群および癌に対するリハビリテーションに対応しています。1日の患者数は約80人で、9割が入院患者です。(令和3年度現在)

 入院患者に対するリハビリテーションは、早期介入が重要です。脳梗塞等の患者は、入院当日に介入依頼があることが多くなっています。整形外科や外科の術後は、基本的には翌日から離床を開始します。入院中に日常生活動作能力を落とさないように療養環境を整え、口腔衛生、摂食支援により適切な栄養管理の下で、転倒予防や褥瘡の発生予防に努めます。一方、地域包括ケア病棟転棟後は、在宅復帰支援に力を入れつつ、病棟生活が活動的に過ごせるように、病棟スタッフと連携しADL練習、レクリエーションを取り入れています。

  先輩職員からメッセージ                                           

 患者さんが住み慣れた地域に戻り、その人らしい生活を安心して継続できるように、他機関・他職種と連携してリハビリテーションを進めています。

 

栄養科

 栄養科栄養科は、おもに患者様の栄養指導と栄養管理を行うとともに、病院給食の管理運営も行っている部署です。

 超高齢化を反映してフレイルなどの栄養障害による低栄養と、若年世代の世情を反映した過剰栄養による疾患の増加が顕著になってきています。

 低栄養の状態で入院された患者様については、栄養サポートチーム(NST)による適切な栄養管理を実施し、早期離床へのサポートを行うとともに、年々依頼が増加している栄養指導では、一人ひとりの患者様の食習慣の変容に取り組んでいただくことが、データの改善につながります。そんな毎日の積み重ねをサポートさせていただくことで、患者様の『食』に関する不安を安心に変えられることを喜びとし、スタッフ一同、日々、業務に取り組んでいます。

先輩職員からメッセージ                                           

 高齢化が進むなか、健康寿命を伸ばして健やかな生活を送る鍵は、食事といって過言ではありません。管理栄養士の仕事は適切な栄養管理を必要とする入院患者様ばかりでなく、外来患者さま、住民の皆様に貢献できる職業です。

 

地域医療連携室

  地域医療連携室地域医療連携室は、患者様の様々な不安や心配事について相談を受け、患者様が自分の病態に適したサービスを受けることができるよう、医療機関、介護施設をはじめ、行政や福祉にかかわる地域の機関とを繋ぐ役割を担っています。

 医師、看護師、医療ソーシャルワーカーが配置され、多職種がチームとなり連携を図っています。

 主な業務として、(1)紹介患者様の受付、入院調整、(2)他の医療機関への受診や転院の支援、(3)退院支援・調整、(4)各種制度(医療、福祉、介護等)に関する相談等を行っています。

 また、医師会の委託を受け、秩父地域にお住いの皆さんが住み慣れた地域で安心して在宅医療が受けられるよう、「ちちぶ在宅医療・介護連携相談会」を開設し、地域の住民、専門職からの相談に対応しています。

 誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるよう、秩父郡市1市4町合同で、地域の医療、介護、福祉の関係機関とともに「ちちぶ版地域包括ケアシステム~ちちぶいきあいシステム~」の構築、推進のための取り組みも行っています。

先輩職員からメッセージ                                           

 地域づくりの活動もできる、地域医療連携室です。地域と病院とをつなぐ「要」として一緒に頑張りましょう。

 

診療情報管理室

 診療情報管理室診療情報管理室は、診療録(カルテ)をはじめとし、診療に関する医療記録を適切に管理・保管・点検するとともに、個人情報の管理や院内における各種統計作成など、情報の提供や分析をする役割を担っています。当院では平成27年8月から電子カルテが導入されており、従来までの紙カルテとともに法律で定められた保管方法で記録を管理しています。

 主な業務として、国際疾病分類(ICD-10)に基づく病名の登録や手術病例の登録、入院患者様の病名や診療行為が適切に行われているかを点検する「診療報酬明細書(レセプト)」に係わる業務、「カルテ開示」に関する業務、国で義務付けられている「がん登録」に関する業務などを行っています。

 島村病院長を室長として、現在、診療情報管理士2名、業務委託スタッフ1名、会計年度任用職員2名で日々の業務を行っています。

先輩職員からメッセージ                                           

 報連相「ホウレンソウ」をモットーに、他職種との連携も計りながら、全員が情報を共有し、相談しやすい職場づくりを心がけて業務を行っています。

先輩職員からメッセージ                                           

    

 

先輩職員からメッセージ                                           

    

先輩職員からメッセージ