文化財保護課

  文化財保護課は、国・県・市より指定・選択・登録された文化財の維持管理・保護保存をするとともに、市内に現存する歴史的・文化的物件の発掘や調査研究を行ない、必要に応じて文化財に指定・登録して、これらを保護しています。また、より多くの方に文化財への理解・関心を持ってもらうように、文化財展をはじめとする普及事業や文化財の周知・情報提供を積極的に行っています。

文化財保護事業

  • 指定文化財の保護保存および維持管理

     国・県・市の指定・選択・登録の文化財の維持管理・保護保存に必要な処置を行います。

  • 文化財に係る助成情報の紹介
     国および民間で行っている維持管理・保護保存のための助成制度の情報について、紹介します。

 

文化財調査事業

  • 歴史的・文化的物件の調査

     秩父市内に現存する歴史的・文化的価値のある物件について調査・記録し、必要に応じて対策を講じます。

  • 埋蔵文化財の調査
     開発工事に際し、遺跡があると思われる場所(埋蔵文化財包蔵地)については、事前に遺跡の有無を確認する調査を行い、必要に応じて発掘調査を実施します。
     開発工事の予定がある場合は、事前に文化財保護課へお問い合わせいただき、その場所に遺跡があるかどうかをご確認ください。 

 

文化財普及事業

  • 文化財刊行物の発行・頒布

     「秩父市の文化財」をはじめとする文化財関係の書籍やパンフレットを作成し、配布・販売します。

  • 「親子縄文土器づくり教室」の開催

  • 「秩父市の文化財展」の開催

  • 「秩父市民俗芸能大会」の開催

  • 文化財行事の案内・紹介・情報提供

  • 浦山・大滝・荒川の各歴史民俗資料館および武甲山資料館の運営

 


文化財保護課のコンテンツ一覧