風しん(成人男性)の追加的対策

大人の男性を対象にした、風しんの抗体検査と予防接種が無料で受けられます。

   風しんの患者が増加しています。
 患者の多くは、いままでに予防接種を受ける機会がなかった、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性で、他の年代の方と比べても抗体保有率が低い年代の方々です。
 この年代の方々の抗体保有率を高めるため、風しんの抗体検査と抗体価が低いと判断された場合は、予防接種を無料で2022年3月まで受けることができます。
 風しんは、大人になってかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠されている方にうつしてしまうと、障がいのある赤ちゃんが生まれることがあります。あなた自身とこれから生まれてくる世代の子どもを守るためにも、ぜひ、この機会に検査を受けましょう。

 

 Q&A(厚生労働省作成)(168KB)

対象の方

 秩父市に住所を有する昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

 ※有効期限が2020年3月と表示されているクーポン券(無料)をお持ちの方は、2021年3月まで(1年間延長)使えます。

 

抗体検査(無料)

 クーポン券が届いていましたら、利用可能な医療機関等で予約をし、クーポン券と身分証明等(免許証や保険証)を持参のうえ、まずは抗体検査を受けてください。抗体検査の結果、抗体価が低いと判断されたら予防接種を受けてください。

 

 ※利用可能な医療機関等は「秩父郡市実施医療機関一覧」(68KB)をご覧ください。
 

予防接種(無料)

 抗体検査の結果、抗体価が低いと判断されたら、再度予約をしてクーポン券と抗体検査結果(受診票)をご持参のうえ、医療機関でお受けください。(詳細は、医療機関にお問い合わせください)

 

※「予防接種説明書」(75KB)

  

クーポン券再発行申請書ダウンロード

 クーポン券を紛失された方は再発行しますので、保健センターに申請してください。

 

風しん抗体検査・予防接種クーポン券申請書(窓口申請用)(36KB)

風しん抗体検査・予防接種クーポン券申請書(郵便申請用)(42KB)

ご注意

  • 必ず抗体検査からお受けください。
    ただし、平成26年4月以降に抗体検査を受け、その結果が陰性であることがわかる書面をお持ちの方で、まだ予防接種を受けてない方は、抗体検査を受けずに予防接種が受けられる場合があります。
  • 過去に風しんにかかったことがある、もしくは予防接種を受けたことがある方は受ける必要はありませんが、希望されれば抗体検査を受けることができます。
  • 秩父市では、今のところ特定健診の会場では抗体検査を受けることができませんので、医療機関でお受けください。  

 秩父郡市実施医療機関一覧(68KB)

関連リンク

 厚生労働省「風しんの追加的対策について」

 国立感染症研究所「風しんとは」