乳児ボツリヌス症の予防対策について


~1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください。~

 乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素により発症します。乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児に、はちみつを与えるのは避けてください。


 詳しい情報について

 詳しい情報は、厚生労働省のホームページをご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html