小中学校施設の耐震診断結果の公表

 学校施設は児童生徒等にとって一日の大半を過ごす学習・生活の場であるとともに、災害発生時には地域住民の方の避難所ともなり、防災拠点としても重要な役割を担うなど、その安全性の確保は極めて重要となっています。

小中学校施設の耐震化について


 現在、秩父市には小学校14校、中学校8校があり、建物棟数では56棟あります。中には耐震性の低い建物があったため、将来、発生が危惧されている大規模地震に備え、計画的に耐震化を進めてきました。
 このたび、平成26年度をもって、全ての小・中学校の耐震化が完了いたしました。
 なお、耐震診断の結果や改修状況については、「小・中学校耐震診断・改修状況一覧表」のとおりです。

ダウンロード


小・中学校耐震診断・改修状況一覧表(64KB)