住民基本台帳カード

【注意】住基カード(住民基本台帳カード)の交付は12月28日(月)で終了しました


 住基カードの取り扱いが変わりました。
 詳しくはこちらをご覧ください。
      ↓ 
 平成28年1月以降、個人番号カードを交付します~住基カード・電子証明書の取り扱いが変わりました~


住基カードは、本人確認が行えるカードです


 写真のないタイプと写真付きのタイプの2種類があります。写真付のタイプは金融機関の窓口などさまざまな場面で公的な身分証明書として利用できます。

 また、全国どこの市町村でも住民票が取れる「住民票の広域交付」や、転出するときに窓口に出向くのが転入時の1回で済む「転入届の特例」などのサービスも受けられます。

 さらに、インターネットで安全に行政手続を行うことができる「公的個人認証サービス」の電子証明書の保存用カードとしての機能も備えています。安全性の高いICカードを採用しているので、偽造や改ざん、他人によるなりすましを防止できます。

 電子政府・電子自治体時代の身分証明書として「住民基本台帳カード」をご利用ください。

 

  • 写真付き住基カード(B)                 

 

<記載事項>氏名・生年月日・性別・住所

 公的な身分証明書として利用できます。

公的個人認証サービスのご利用について

 公的個人認証サービスとは、自宅などのパソコンからインターネットを利用して安全に行政機関に対する手続ができるサービスです。

 公的個人認証サービスを利用するためには、住基カードに「電子証明書」が格納されている必要があります。
 詳しくは公的個人認証サービスをご覧ください。

※用語解説についてのお問い合わせは、Weblioへお願いします。