都市計画マスタープラン・立地適正化計画

新・都市計画マスタープラン、立地適正化計画について

(現行都市計画マスタープランについてはページ下部を参照してください。)

秩父市では、前回の都市計画マスタープラン策定から20年が過ぎようとしていることから、新たな都市計画マスタープランの策定に取り組んでいます。
また、今後少子高齢化・人口減少社会の到来により社会構造が今後さらに大きく変動することが予測されることから、あわせて立地適正化計画の策定を進めています。

 
都市計画マスタープランとは?外部サイトへのリンク(wikipedia)

立地適正化計画とは?外部サイトへのリンク(国土交通省)

このページでは、都市計画マスタープラン・立地適正化計画の策定過程で収集した各種統計情報や、皆さまよりいただいたご意見、お知らせなどを順次公開していきます。

住民アンケート結果を公表します

市では、昨年度都市計画マスタープラン・立地適正化計画を策定するため、市民3,000人を対象としたアンケートを実施しました。

アンケートまとめ(2019年8月26日 14時24分 更新 713KB)

市内11か所で住民懇談会を開催し、多くの方からご意見をいただきました

令和元年10月に、市内11か所で住民懇談会を開催し、100名を超える市民の皆様にご参加いただき、これからのまちづくりについて貴重なご意見をいただきました。

 

懇談会の様子、いただいたご意見等についてはこちら

秩父市都市マス・立適住民懇談会まとめ【R0110】.pdf(2020年2月28日 10時30分 更新 2842KB)

 

いただいた意見を参考に、計画の作成を進めてまいります。

また、令和2年夏・秋ごろにポスターセッションという形で計画の進捗状況や意見交換をさせていただく機会を設ける予定です。(あらためてホームページや市報等でお知らせします。)

都市計画マスタープラン

都市計画マスタープランとは、市町村が策定するまちづくりに関する基本方針です。秩父市では、吉田町・大滝村・荒川村との市町村合併前に都市計画マスタープラン(平成13年3月:目次のみ)を策定しています。

都市計画マスタープランは、人口・社会動態を見据え中長期的な視点に立って策定され、同時に国や県の方針に沿うものとされています。

国の計画

首都圏整備法(国土交通省)

県の計画

まちづくり埼玉プラン(埼玉県)
秩父都市計画(埼玉県)