市長あいさつ

埼玉県における緊急事態措置に関する市長メッセージ(令和3年1月8日)

 東京都を中心とした1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)では、感染状況と医療提供体制の深刻度を表すステージは、最も高いステージ4に達しています。そして、今なお感染拡大が続き、重症者および死亡者も増加し、通常の医療、保健や高齢者福祉にも深刻な支障が生じてきています。

 政府は1月8日(金)から2月7日(日)まで、埼玉県全域を含む1都3県に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態宣言を発出いたしました。これを受け、埼玉県知事より、2月7日まで埼玉県全域に対して次のような緊急事態措置等を講じることが示されました。

1.不要不急の外出、県境をまたぐ移動の自粛

 特に、午後8時以降の不要不急の夜間外出自粛

2.飲食店の営業時間の短縮要請等

 【期間】1月12日(火)午前0時から2月7日(日)午後12時まで

     (営業時間)午前5時から午後8時まで

     (酒類提供時間)午前11時から午後7時まで

3.催物(イベント等)の開催制限の要請

4.その他の事業者の皆様への要請

 ・テレワークの徹底(目標値:出勤者数を7割削減)

 ・在宅勤務、時差出勤の徹底

 ・職場、寮における感染防止策の徹底

 ・従業員への基本的な感染防止策の徹底や、会食自粛等の呼びかけ

 ・全てのイルミネーションの早めの消灯

 秩父市においては、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、この方針に基づき、措置を講じてまいります。

 そのほか市では、感染拡大防止や、人類史上初となる大規模なワクチン接種などへの対応を行います。ワクチン接種に向けて万全を期すため、人事異動により新型コロナウイルスワクチン接種担当職員を、保健センターに配置するなど、希望する市民の皆さんに迅速かつ的確に接種ができるよう準備を進めます。

 市民の皆様には、配布しました「電子体温計・アルコール手指消毒液・マスク」を活用していただき、小まめな手洗いや手指消毒、マスク着用など咳エチケットの基本的な感染予防策の徹底を改めてお願いいたします。

 今後も引き続き、秩父郡市医師会と緊密に連携するとともに、県内唯一の医師の市長として、「コロナから市民を守る」ため、全力を尽くしてまいりますので、変わらぬご理解、ご協力をお願いいたします。

埼玉県における緊急事態措置に関する市長メッセージ(令和2年4月8日)

 4月7日、新型コロナウイルスが国民の生命や健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、全国的に急速なまん延によって国民生活と経済に甚大な影響を及ぼす恐れのあることから、政府対策本部により、5月6日(水)まで、埼玉県全域を含む1都1府5県の地域に対して、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
 これを受け、埼玉県知事より、5月6日まで埼玉県全域に対して次のような緊急事態措置を講じることが示されました。
1.県民の皆様に対して、医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩などの生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛を要請いたします。特に遊興施設などいわゆる「3つの密」がそろう場への外出や集まりへの参加について自粛を要請いたします。

2.事業者の皆様に対して、多数の者が参加するイベントの開催を控えるようご協力をお願いいたします。

3.県立学校(特別支援学校を含む)について、県教育委員会に対して休業を要請いたします。県内の小中学校、幼稚園などについては、この方針を踏まえ、適切な措置を講ずるようお願いします。

4.生活必需品などの物資の確保について、事業者の皆様には県民が安心して購入できる環境を整えていただくとともに、県民の皆様には冷静な対応をお願いします。買い占めや売り惜しみなどについては、躊躇なく対応してまいります。

 秩父市においては、この方針に基づき、措置を講じてまいります。
 特に、3点目の学校関係などについては、小・中学校は4月9日と10日は時間を短縮し、休業期間に対しての指導を行います。4月13日(月)から5月6日(水)まで臨時休業といたします。市立幼稚園は4月10日(金)から5月6日(水)まで臨時休園といたします。保育所、認定こども園については通常保育を行いますが、市役所から各園に対して4月9日(木)から5月6日(水)までの間協力保育の要請を行います。これにより、この期間にご協力いただいた場合は、保育料等の軽減措置を講じます。
 皆様が感染しないことが最も効果的な拡大防止策です。「うつらない」「うつさない」ことで、大切なご家族や友人を守ることができます。こまめな手洗いや消毒、咳エチケットなどの基本的な感染予防策を徹底しましょう。引き続きご協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症についてご心配の方は、下記の相談窓口でご相談ください。

 【埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター】(24時間受付)
  0570-783-770

市長あいさつ

 みなさんこんにちは。秩父市長の久喜邦康です。

 当秩父市は、平成17年4月に、旧秩父市、旧吉田町、旧大滝村、旧荒川村が合併し誕生しました。市域の広がった新秩父市は、幾重にも織り成す山々に囲まれ、山の緑、青く澄んだ水の流れ、 四季折々に咲き乱れる花などの豊かな自然環境と、秩父夜祭や龍勢をはじめとする地域の特色あふれる祭行事などの伝統文化、 そして古代の文献にも見ることができるチチブ(知知夫)という名前や、八世紀に秩父の銅が献上され発行されたとされる 「和同開珎」から延々と続く悠久の歴史を有しています。

 私は、まちづくりの根本となる指針を「秩父市まちづくり基本条例」に置き、市民の皆様とともに「市民が主体となった、持続可能な、明るく豊かに暮らせる活力のあるまちづくり」を進めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 このホームページでは、本市の概要や魅力あふれる観光情報、市からのお知らせ、各種手続きなどをご案内しております。

 私たちのまち・秩父に触れていただき、そして実際に秩父を訪れていただく一助になれば幸いです。

 

秩父市長 久喜 邦康