使用済みてんぷら油再生事業


 秩父市では、市内の学校給食調理場や一般家庭の使用済みてんぷら油をバイオディーゼル燃料(BDF)の原材料として再利用しています。循環型社会の構築のための、市民が気軽に参加できる取り組みです。

使用済みてんぷら油リサイクル施設

 

 回収した使用済みてんぷら油を原材料としてバイオディーゼル燃料を製造している設備です。
てんぷら油リサイクル工場


使用済みてんぷら油回収事業


 秩父市では、家庭から出る使用済みてんぷら油を回収しています。
 身近な「てんぷら油」を通して、地球温暖化対策、資源循環型社会の構築に参加してみませんか?

回収する使用済みてんぷら油

油
 品質の良いバイオディーゼル燃料(BDF)を製造するために、てんぷら油は次の条件のものを回収します。
  • 常温で液体の植物油
  • あまり酸化(黒色化)していないもの
  • フライかすなどが大量に含まれていないもの

 ※ラードなどの動物油やエンジンオイルなどの鉱物油は回収できません。


回収方法

 

 てんぷら油がこぼれないよう、ふたのできる容器に入れて、次の回収場所へ直接ご持参ください。

  • 秩父市歴史文化伝承館 1階(環境立市推進課)
  • 吉田総合支所(地域振興課)
  • 大滝総合支所(地域振興課)
  • 荒川総合支所(地域振興課) 
  • 吉田元気村(内ちちぶバイオマスてんぷら油リサイクル工場)

 

回収時間

  • 8時30分~12時、13時~17時15分

 ※土曜・日曜・祝日と年末年始は除きます。
 

※用語解説についてのお問い合わせは、Weblioへお願いします。