危険なブロック塀等への安全対策工事費を助成します

 6月18日の大阪府北部を震源とする地震では塀の倒壊により尊い命が奪われました。
 市では、地震発生時におけるブロック塀等の倒壊または転倒による災害を防止し、安心・安全なまちづくりを支援するため、通学路等を優先とし、道路等に面した危険なブロック塀等を撤去・改修する工事に要する費用の一部を助成することとしました。
 

助成対象となる工事(次の1~3をすべて満たすこと)

  1. 道路等に面し地面からの高さが1m以上ある、市内に存するブロック塀等で、埼玉県の「ブロック塀自己点検リーフレット」(1772KB)を活用し判定した、危険なブロック塀等を撤去・修繕する、または撤去に併せてその跡地に新たな安全な塀等を設置する工事。(店舗・工場・事業所等の塀も対象となります。) 
  2. 市内にある、市の登録施工業者に依頼して行う工事。 
  3. 着工前の工事。特例として、地震が発生した6月18日以降に工事を開始し、申請期間中に工事中もしくは完了済みの工事も対象とします。

助成対象者(次の1・2を満たすこと)

  1. 助成対象工事を行う方で、工事対象となる塀を所有する方。(法人も可) 
  2. 秩父市税に未納のない方。(法人も同様)

助成金額


 工事費10万円以上の工事に対し、工事費の10%(上限15万円・千円未満切り捨て) 
※工事費(消費税を除いた金額)は、申請時に見積書の写しで確認します。
 申請後工事金額に増額があっても、助成金の額は変更できません。また、完了時に見積額を下回っている場合は、助成金額は減額になりますのでご注意ください。

申請書類の配布

 平成30年9月25日(火)から、下記の場所で配布します。

  • 商工課
  • 本庁舎1階総合窓口
  • 吉田・大滝・荒川総合支所 地域振興課
       

申請受付期間、時間


 10月1日(月)~10月31日(水) 9時~17時
 (印鑑・見積書の写し(※)・工事前の現場写真(※)が必要です。)
 
※6月18日以降開始の、すでに着工・完了している工事の場合、担当にご相談ください。

受付場所

  • 商工課
  • 吉田・大滝・荒川総合支所 地域振興課

その他注意事項

  • 秩父市住宅リフォーム等資金助成の一部を利用し助成を行います。そのため、予算に限りがあり、予算を上回る申請があった場合抽選となります。また、過去に住宅リフォーム等資金助成を受けた方や住宅も申請対象とします。  

申請書類

 
 申請書類は、窓口での配布開始(9月25日)に合わせ、ダウンロードができるよう現在準備中です。