市長ブログ(平成25年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
2013年10月」で絞込み

2013年10月31日 大日様の獅子舞


 先日、秩父市浦山地区の大日様の縁日に舞われた獅子舞です。今年は初めて9頭の獅子が舞いました。演じたのは、地元の保存会の方々とともに秩父市立影森中学校の皆さんです。中学生のみなさんは、「総合的な学習の時間」を利用して保存会の方々から指導を受けており、練習した成果を発揮して見事な舞を披露していました。その時の模様を自分で撮影し動画に編集しました。
 また、縁日で食べた手作りこんにゃくは、歯ごたえがあってとても美味しかったです。


2013年10月31日

 ミューズパークコテージホールで、国道140号秩父中央バイパス建設促進期成同盟会と定峰峠トンネル開削促進期成同盟会の平成25年度定期総会を担当する2つの県土整備事務所長やご来賓をはじめ多くの関係者をお迎えして開催いたしました。
 まず、国道140号は、平成10年に雁坂トンネル有料道路、平成13年に皆野寄居有料道路、平成17年に末野大橋、そして、平成22年に新皆野橋が開通したことにより、秩父地域へのアクセスは格段に向上し、埼玉県と山梨県を結ぶ国道としても大変重要な役割を果たしており、現在着々と工事が進められている皆野秩父バイパスの完成と、それ以降の早期事業化についても期待が寄せられております。こうした中、この皆野秩父バイパスについては、用地買収がこの一年で全て解決し、平成20年度代の完成を目指すとのことで、この道路の接続道路となる主要地方道秩父児玉線(改良率84.6%)と一般県道吉田久長秩父線(改良率96.0%)についても着々と工事が進んでいる状況です。秩父県土整備事務所長のお話では、「秩父県土整備事務所が担当する工事に約40億円、西関東連絡道路に10億円と、秩父地域に年間50億円が投資されており、県でも秩父地域の道路整備に全力を尽くしております。今後もさらに努力してまいりますのでご期待いただきたい。」とのことでした。
 その後行われた定峰峠トンネル開削促進期成同盟会では、現存する主要地方道熊谷小川秩父線の改良工事は進んではいるようですが、肝心の定峰トンネルに関しては長い間全く進んでいない状況です。今後、本日ご出席いただきました松本恒夫埼玉県議会副議長様や地元選出の県議会議員、国会議員の皆様にお力添えをいただき、調査費だけでも認めていただけるよう県へ要望していきたいと思います。

2013年10月30日

 本日の埼玉新聞1面に、「13年の18首長選 投票率低迷 20〜30%が7選挙」という見出しの記事が掲載されました。「2013年に任期満了を迎えた県内首長選が27日の3市長選で終了した。今年は22市町長選があったが、投票率は選挙となった18市町長選のうち4分の3を超える14選挙で前回を下回り、低下に歯止めがかかっていない。特に、現職が圧勝した27日の熊谷、越谷、ふじみ野市長選を含めて20~30%台の低投票率が7市長選に及び、50%を超えたのは6市町長選のみとなった。」とのことでした。地方の首長選挙は、住民生活と直結している重要な選挙です。埼玉大学の松本正生教授は「投票率が2割、3割になると、民主主義を支える今の選挙制度が機能するか、しないか、ギリギリのところまできている。政治家自身が危機感を持つべきだ」と警告を鳴らしております。4月に行われました秩父市の市長選の投票率は64.02%で、前回より3.66ポイント低下しましたが、県内の市長選では最高の投票率でした。「若者は選挙に興味がないわけではないが、ただ投票に行かないだけ。理由はわかり兼ねる。」と県選管はしていますが、「選管だけで解決できる問題ではなく、選挙教育の導入を含めた意識改革が必要である」と指摘しています。来年は秩父市議会議員選挙が予定されています。投票率を上げるような努力をもっとしなければならいと改めて感じた次第です。

2013年10月29日

2013年10月28日 特養入所制限?!

 本日の東京新聞に「特養入所制限、不安をあおらないか」という社説が掲載されました。特別養護老人ホーム(特養)は、自分で身の回りの事ができない人を24時間介護する施設です。今後、厚生労働省は要介護の基準を一番軽い"1以上"から"3以上"に厳しくして、中重度者の方の入所をしやすくする方針です。新聞では、今までは介護事業者が介護者の事情なども考慮して入所を決めてきましたが、今後は一律に介護度から入所判定をするのであれば、「不安をあおらないか」と指摘しています。さらに、現状では全国的に特養入所者の8割が低所得者であり、今後は介護度の低い低所得者の方の入所が困難になると思われます。そもそも、社説の通り「医師が治療の必要性を決める医療と違い、介護分野では個々の高齢者の状態を正確に判断する専門家がいない。要介護度はそれに代わる便宜的なものでしかない」現状の介護度だけの入所判断は、入所を待つ多くの方々の入所判断になるのか、疑問に思えてなりません。

2013年10月28日

ランバイク会場で挨拶する市長 萩平さんぽ展で
 台風一過の素晴らしい一日でした。昨日に引き続き、各地の催しに伺いました。
  まず、秩父駅前ロータリーでは、ランバイクチャレンジシリーズ第11戦オープニングが開催され、約320名の選手が出場しました。2歳から8歳までの子どもたちで、元気よく足でこいで頑張っていました。
 久那公民館文化祭、尾田蒔公民館文化祭、第16回萩平歌舞伎舞台公演・萩平さんぽ展、浦山の獅子舞、夜には、秩父硬式テニス連盟納会に伺いました。 

2013年10月27日

ブログ用カレンダー

2013年10月
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

ブログ用最新記事