市長ブログ(平成25年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Friday, November 29, 2013」で絞込み

伝統的工芸品マーク 本日、経済産業大臣の諮問機関である産業構造審議会の商務流通情報分科会伝統的工芸品指定小委員会が経済産業省で開催され、「秩父銘仙」を伝統的工芸品に指定する旨、商務流通情報分科会に意見具申することを決定しました。同分科会は経済産業大臣に答申し、来年1月を目処に経済産業大臣の指定がなされる予定です。
 現在、国指定の伝統的工芸品は全国で215品目、埼玉県内では江戸木目込人形(人形、1978年)、春日部桐箪笥(木工品、1979年)、岩槻人形(人形、2007年)の3品目があります。指定された場合には、全国で216件目、県内で4件目となり、織物では県内初となります。
 秩父銘仙は埼玉県の伝統的手工芸品の指定を昭和53年に受けていますが、3年前に秩父銘仙の生産技術者で組織した秩父織物振興協議会が国指定に向けた活動を行っており、今年7月に経済産業大臣宛に指定申請を行いました。指定を受けた場合の効果として、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」に基づき、後継者育成や販路拡大などに国の財政的支援を受けて産地の活性化に取り組むことができます。また、所定の品質検査を受けた製品には「 伝産証紙」(添付画像)を貼り付けることができ、品質保証とブランド確立を図ることができます。需要減少や後継者不足の課題がある中、指定を契機に産地の再興が期待され、私の公約である「秩父銘仙の復活」の第一歩となります。秩父の織物関係者の皆様のご尽力に感謝いたします。
 吉田総合支所においては、本日から秩父市議会12月定例会が開会され、私からは「台風30号の甚大な被害に遭われたフィリピンの方々にお見舞い申し上げたこと。企業と秩父市との間で、災害時における救援物資等の供給に関する協定を締結したこと 。明日から2日間開催される”ちちぶ映画祭”の紹介。お茶の間で気軽にできる”ちちぶお茶のみ体操でロコモ予防”のこと。太陽光発電・水力発電などの地域に眠るエネルギー資源の情報提供をお願いしたこと。秩父地域企業立地ガイドで企業誘致を推進すること。」を報告しました。最後に、条例の一部改正が3件、条例の廃止が1件、条例の新規制定が1件、補正予算が8件の合計13件の提出議案の内容を説明いたしました。

2013年11月29日

ブログ用カレンダー

2013年11月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

ブログ用最新記事