市長ブログ(平成25年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Saturday, June 22, 2013」で絞込み

2013年6月22日 継ぎ目のないケア

 母校の日本医科大学教授である長谷川敏彦氏による読売新聞(6月12日)の記事や書籍等を拝読しました。「この10年で日本社会は激変する。高齢化や都市人口の爆発、家族関係や地域社会の崩壊などが同時並行で進む。何らかの障害とともに生きる人が85歳で40%超、認知症も85歳以上で4人に1人が発症する。こうした状況は、段階的にゆっくり訪れるのではない。医療の目的も”治す医療”から地域での生活を”支える医療”に転換しなければならい。そのためには、高齢者にとって手術や治療を行う病院、リハビリ病院、福祉施設、診療所、緩和ケア施設の5つの場所で”継ぎ目のないケア”が必要で、医療と福祉が統合されたサービスである”ケアサイクル”が患者側も医療者も共有されなければならない。そのため には、医師や看護師、介護士、薬剤師らの教育が必要だ。」昨日は、秩父病院にて、ご本人の長谷川教授にお会いしました。まさに”我が意を得たり”の思いでした。なぜなら、この秩父市で、私がかねてから主張しているケアネットワークである地域包括ケアシステムの構築をめざしているからでした。総合医や老人医の役割の重要性、”一患者一生涯一カルテの導入 ”など長谷川教授のご指導を仰ぎたいと考えた次第です。

2013年6月22日

ブログ用カレンダー

2013年6月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

ブログ用最新記事