市長ブログ(平成25年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Tuesday, June 4, 2013」で絞込み

2013年6月4日 一般質問1日目

久喜市長
  秩父市議会6月定例会一般質問が始まり、5人の議員の質問に答えました。そのうちのひとつに、秩父の養蚕業の質問があり、秩父地域の現状は、生糸の需要減、価格の低迷に加え、輸入品の品質向上や養蚕農家の高齢化、後継者不足など様々な要因により全国的にも急速に養蚕農家数は激減しています。平成24年度における埼玉県内の養蚕農家数は 50戸で出荷数量は16,230 kg、秩父地域では農家数が16 戸で 5,385 kg、市内においては農家数10 戸で4,037 kgという状況になっております。養蚕従事者は、ほとんどの方が70 歳から80 歳代であり、生産量もごく僅かな方がほとんどで、当市の養蚕業は危機的状況にあります。そのような状況でも、埼玉県農林総合研究センターやJAちちぶが中心となり、秩父地域限定の蚕品種で繭に淡い黄緑色のついた 「いろどり」 というオリジナルブランドを育成いたしました。 これには 「セリシン」というタンパク質を多く含んでいるため、保湿性や抗酸化性、抗菌性に優れており、石鹸や化粧品などの商品開発、販売が行われております。この 「いろどり」は全体出荷量の約 2割を占めており、シルクブランド化への推進を図っているとのことです。秩父の養蚕業の再興に向けて、期待したいと存じます。

2013年6月4日

ブログ用カレンダー

2013年6月
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

ブログ用最新記事