市長ブログ(平成25年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Sunday, February 3, 2013」で絞込み

三峯神社の「ごもっともさま」 会津若松城
 ごもっとも神事が三峯神社にて催行されました。7時からの祭典では寒風吹きすさぶなか、厳粛に祭典が行われました。最後には、社殿の前にて豆をまき、秩父市民のこの一年の無病息災と秩父市の繁栄をお祈りしてきました。
 その後、福島県会津若松市に出向きました。会津若松市は、秩父に縁のある秩父宮雍仁親王(やすひとしんのう)の妃の勢津子様のご生誕の地です。父親にあたる松平恒雄様は最後の会津藩主である松平容保公(かたもりこう)の直系です。勢津子妃殿下は、結核予防会総裁としてご活躍され、生前、御所で秩父から菊を献上した時、ご尊顔を拝顔いたしました。たいへん穏やかな方であったと在りし日を思い出します。秩父宮様は、昭和天皇の弟君にあたられ、大正天皇より「秩父宮」の宮号を賜りました。その「秩父」の理由は、秩父宮会長の井上久様によりますと、皇居から西北遙かに武蔵国の名山を抱え、首都を潤す荒川の源流をなす地であり、日本武尊が東国遠征の帰途に立ち寄られたという伝承を残すなど関東でも屈指の長い歴史を有しているからとのことです。また、両殿下はおそろいで昭和8年の夏、おおよそ1週間にわたり秩父の山岳登山を楽しまれたご様子であったと伺いました。秩父宮殿下は昭和28年薨去され、そのご意志を永く後生に伝えるべく同年8月社団法人秩父宮会が結成され様々な活動を行っております。勢津子妃殿下の縁で、今後末長く会津若松市と秩父市が友好関係を結び発展していければと願い、会津に伺った次第でした。

2013年2月3日

ブログ用カレンダー

2013年2月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272812
3456789

ブログ用最新記事