市長ブログ(平成23年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
June 2011」で絞込み

ハローワーク秩父
 昨日、雇用される側と企業側の団体が一同に介して、秩父地域雇用対策協議会総会が開催されました。
 平成23年4月における全国の完全失業率は4.7%で、有効求人倍率が0.61倍です。秩父地域での雇用情勢は依然として厳しく、有効求人倍率で比較すると、埼玉県が0.53倍、秩父地域(ハローワーク管内)が0.48倍となっており、前月から0.03ポイント悪化しています。東日本大震災後、国では景気が上向きとなったと発表しておりますが、地方ではまだ改善の見通しは立っていないのが現状ではないでしょうか。市民満足度調査でも、「雇用の促進」が、2年連続で重要度の最も高い項目となりました。このたび、6月22日のブログのとおり、厚生労働省埼玉労働局苧谷局長の立ち会いのもとで、「ハローワーク秩父」の出先機関である「ちちぶパートバンク」を発展的に組織改善し、秩父市と国とが一体となって雇用と就労施策等を実施することになりました。これにより、内職情報を含めた就業情報の提供を行えるようになりました。さらに、企業支援を強力にバックアップするため、企業支援センターを地場産業振興センター内に設置しました。すでにその成果として、秩父みどりが丘工業団地に、みどり化学(株)を誘致するとともに、(有)モリシゲ物産を、吉田地区(5月27日市長ブログ参照)に誘致することができました。今後も、この厳しい経済情勢に対応するため、的確に政策を打ち出していきたいと考えております。

2011年6月30日

環境フェスタ2010←昨年の「環境フェスタちちぶ」の様子
 昨年度に引き続き、秩父ミューズパークを会場に、秩父はんじょう博と同時開催で「環境フェスタちちぶ」を開催することになりました。ご存じの通り、私は「環境立市 秩父」を政策の大きな柱としていますが、かねてから未来を担う子どもたちが夢を育て、緑豊かなこの秩父地域で暮らし、心身ともに健やかに成長してくれることを願っております。今回、提案させていただく「環境フェスタちちぶ2011」はそうした願いのもと、隣接する小鹿野町、秩父市環境市民会議の皆様、新しいエネルギーで秩父の未来を切り拓く方々、そして、FIND Chichibuなど、多く方々のご協力をいただき成功させていきたいと考えております。なお、本日の第1回会議では活発な意見交換が行われました。今後、委員の方々と力を合わせてがんばります。ご期待ください!(^・^)/
 夕方には、秩父祭保存会総会が開催されました。昭和37年に6台の屋台・笠鉾が国指定重要有形民俗文化財に認定され、来年で50周年となります。そこで、記念事業を提案いたしました。ぜひ、楽しみにしていてください。
 また本日は、荒川商工会青年部の皆様から、秩父市社会福祉協議会へ寄付金をいただきました。福祉事業のため、有効に使わせていただきます。

2011年6月29日

青少年育成秩父市民会議
 地域が一致協力して青少年の健全育成に取り組むために、平成16年に青少年育成秩父市民会議が設立されました。今日、少子高齢化の中で、低年齢化、集団化、凶悪化する非行、深夜の徘徊、喫煙などの不良行為、インターネット上をはじめとする有害情報の氾濫、携帯電話に起因するトラブルなど、さまざまな問題が青少年を取り巻いております。このような状況の中、家庭や学校、地域等が連携、協働しながら青少年の健全育成を図っていく必要があります。この市民会議は、行政、育成団体、学校、幼稚園、保育所、地域団体などの皆様に幅広く参加していただいております。今後、青少年のためにさらに協力、支援していただき、合わせて各団体との連携、調整もぜひともよろしくお願いいたします。
 また本日は、シルバー人材センターの総会、FIND Chichibuの総会に出席いたしました。災害に強く、万一の場合にも早急に対応できる市役所本庁舎等の建設について説明し、ご理解をいただきました。

2011年6月28日

2011年6月27日 旧中津川林道

旧中津川林道 町会長協議会総会
 旧中津川林道(市道大滝幹線17号線)は、大滝中津川地区から長野県川上村境の三国峠までを結ぶ山岳道路です。若いころ、バイクでよく出かけた思い出深い道路です。林野庁所管の林道から移管されて旧大滝村の村道となり、新市発足により秩父市道となりました。未舗装ながら、長野県と埼玉県を直接結び、車が通れる唯一の道路として貴重な存在となっております。東日本大震災から間もない現在、新たな災害が発生した際には、相互の協力、支援等に重要な役割を担う路線にもなると考えております。今回の震災から、人が人に差し伸べる支援の手にも道路が重要な役割を担うことが再認識されました。当路線が持つ利用価値への期待は、今後ますます高まっていくものと感じております。
 午後からは、町会長協議会総会へ出席しました。町会長の皆さんに、放射線量の測定結果や、被災企業の進出支援を報告するとともに、市における節電対策の推進で使用量15%を削減することや、市議会議員の定数が次の選挙で22人となることを説明しました。さらに、産業廃棄物最終処分場の建設・絶対反対の懸垂幕掲出に対して、事業者から「懸垂幕撤去に係る、仮処分命令の申立」が、さいたま地方裁判所・秩父支部あてにあったことをお話しました。このほか、秩父市役所本庁舎等建設市民会議の発足や夏の熱中症対策を説明し、久保教育長が任期満了で退任された後任に、※前の進一(まえのしんいち)氏が新教育長となったことを報告しました。 
※前の進一氏の「の」に相当する漢字は、「堅」という漢字の「臣」の部分を「田」にしたものです。

2011年6月27日

セミナーのようす イクメン金賞 カジメン金賞

 6月23日から「男女共同参画週間」が始まりました。市では、男性の育児や家事への積極的な参加をよびかけるため、今年度から「イクメン・カジメンフォトコンテスト」を開催しました。秩父市では初めてのコンテストですので聞き慣れない方も多いと思いますが、イクメンとは育児をしている男性を、カジメンは家事を行っている男性のことで、その姿を写真に撮り応募していただきました。応募作品は、いずれも育児や家事を楽しんでいる素晴らしい作品ばかりでした。このコンテストを契機に「イクメン」「カジメン」が増えることを大いに期待いたしております。
 なお、会場では消費セミナーとして「食育」をテーマに料理人の森野熊八先生にご講演をいただきました。食育は健康でいきいきとした暮らしを送るためには大変重要なテーマであり、聴講者の方々には毎日の暮らしに役立つことができたと思います。市では、毎日の暮らしに役立つ消費生活セミナーの開催や消費者被害の予防、早期発見のPRに努めるとともに、今年4月1日から秩父市消費者生活センターを週5日開催し、消費行政の充実を図っております。男性も女性も安心・安全な生活が送れるよう、さまざまな事業を実施してまいりますので、ご相談ください。
 午後はボーイスカウト秩父第1団初団20周年記念式典に出席いたしました。

2011年6月26日

ブログ用カレンダー

2011年6月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

平成22年12月以前のブログ


2009年6月~2010月12月