市長ブログ(平成23年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Friday, September 30, 2011」で絞込み

ジオパーク秩父 ジオツアー
 秩父は周りが山に囲まれた盆地です。約1,500万年前、関東平野を覆う海は秩父まで入り、「秩父湾」を形成していました。その証拠として、クジラやサメの化石が発見されています。約259万年前、新生代第三紀が終わるころには海が退き、秩父地域は陸地となりました。さらに東側が隆起して地下深いところにあった変成岩が現れ、東秩父の山がせり上がり、今の秩父盆地が形成されました。地質学的には、東の山が約8,000万年前の変成岩、他の山は約2億年以上も前のもので、盆地の中央は約1,500万年前の地層だそうです。尾田蒔丘陵は約50万年前の火山灰が積もることででき、羊山丘陵は約13万年前に形成されました。武甲山の石灰岩は、遠い大平洋の彼方にできた貝殻などの堆積物がプレートにより運ばれたもので、大滝の鉱山は、秩父地域で地震が活発だった約1億年前、そして、火山活動の舞台であった約500万年前に、マグマの貫入によって形成されました。このように、多種多様に渡る地質の成り立ちの違いが、秩父地域の多様な地形を創出してきたといえるのです。

 また、地質の上には、何百年にわたって人々の文化が形成されてきました。さまざまな地質と文化を巡る旅を、「ジオツアー」といいます。その一部をご紹介いたしますと、『一味違った札所巡り』では、金昌寺の奥の院にある蛇紋岩と不整合、龍石寺の1,500万年前の地層、札所28番橋立堂の鍾乳洞、34番水潜寺の石灰岩の洞窟等々、貴重な自然が信仰によって長い間保全されてきたことを知ることができます。またツアーでは、他にも、朝廷に献上した銅の採掘場跡がある黒谷の和銅遺跡、長瀞の岩畳、皆野町などにある巨大なポットホール、小鹿野町「ようばけ」とおがの化石館なども、多くの参加者に好評をいただいております。
 地元の子どもたちを含め、遠くの子どもや大人にも、秩父の美味しい食を味わいながら「ジオツアー」を楽しみ、今後、多くの方々に「ジオパーク秩父」を体験していただけるよう願っております。

2011年9月30日

ブログ用カレンダー

2011年9月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

平成22年12月以前のブログ


2009年6月~2010月12月