市長ブログ(平成23年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Sunday, July 24, 2011」で絞込み

2011年7月24日 甘酒まつり

amasakematsurimayunoienotenrankai
 本日、昭和35年3月1日に埼玉県無形民俗文化財に指定された「甘酒まつり(甘酒こぼし祭り)」が、秩父市荒川白久の猪鼻(いのはな)区にある熊野神社で行われました。「熊野神社縁起」によりますと、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の折、この地で大猪(実は周辺を荒らす山賊だったらしい)を退治したとされ、里人は尊の徳に感激して濁酒を献上し射った矢を奉納したとのことです。その後、天平8年(736)に疫病が流行したとき、尊に濁酒を捧げたという故事に起因して疫病流しの祭事として行われ、この行事を休んだときには疫病が流行したとも言われております。 
 祭典後、大樽に満たされた甘酒を素裸に褌(ふんどし)一丁、ワラジ履きの氏子が、桶を片手に甘酒のかけあいを始め、時折観客にもそのしぶきが飛び散り大きな歓声が沸き上がっていました。褌姿の若人の中には、遠く北海道から駆け付け祭りに参加した方もいたと伺い、このようなまさに“奇祭”から秩父の文化伝統の幅広さ・奥深さを実感じました。猪鼻甘酒祭保存会の方々により引き継がれてきたこの“奇祭”は、後世に継承していかなければならいお祭りのひとつだと改めて感じた次第です。
 他、各地の八坂神社の夏祭りに出席し、時間の合間をみて、国指定重要文化財に指定されている蒔田の内田家住宅で行われていた「繭の家の展覧会」に出席しました。古民家にて素晴らしい作品を見ることができ、心和む時間を過ごしました。

2011年7月24日

ブログ用カレンダー

2011年7月
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

平成22年12月以前のブログ


2009年6月~2010月12月