市長ブログ(平成23年)

ようこそ!市長室
ブログリストRSS 1.0
Saturday, April 9, 2011」で絞込み

 先日のラジオ番組で、今回の東日本大震災の復興に対して、私がかねてから考えていたことと同じ考えを、金子勝氏がお話されていました。氏の話によれば、「原子力発電は、CO2削減の施策と相まってもっとも安いエネルギーだと言われてきた。しかし、もし事故を起こしたら、膨大な人的・金銭的被害をもたらすことは今回の事故や過去の事例をみても明らかである。福島第1原発の事故により、農業製品や工業製品などの日本のブランドは信用性を著しく傷つけられた。この復興には大変は時間とお金がかかる。ところで、日本は戦争に敗けて国土は焦土と化したが、GDPでトップレベルまで成長してきた経験がある。だからこそ、この大震災をこの国を生まれ変わらせる契機にしなければならい。今こそ国家改造計画を打ち出す絶好のチャンスだ。」とのことです。
 この福島第1原発の事故により、これ以上、日本のエネルギー施策が原発推進の方向へいくとは私には思えません。今だからこそ、水力、風力、太陽光発電など、一気に再生可能エネルギーの方向へ切り換えていくべきだと思っております。日本には数々の最先端の技術があります。さらに新しい技術を開発してエネルギーを創り出し、新たな投資を呼び込んでいくときだと思います。災害復興は、以前の状態に後戻りするのではなく、知恵を出し合って新たなエネルギー施策を打ち出し、とにかく前に進むべきときであると私は考えます。

2011年4月9日

ブログ用カレンダー

2011年4月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

平成22年12月以前のブログ


2009年6月~2010月12月