市長ブログ(平成30年)

平成30年市長ブログ

 本日は毎年恒例となっている、秩父商工会議所新年初顔合わせの会が秩父地域地場産業振興センターで行われ、ごあいさつに伺いました。
 商工会議所に関係する内容で、今年の私の目標としては、「長尾根トンネル開通の第1歩を記す!」・「電力の地産地消のための新電力会社スタート!」・「旧秩父太平洋セメント跡地へ市道を新設して企業誘致を目指す!」の3つについて決意を誓いました。
 秩父地域にとって素晴らしい一年になりますよう、商工関係者の皆さんと一緒になって頑張ってまいります!

2018年1月9日


 歴史文化伝承館ホールで、平成29年度「秩父市子ども伝統芸能伝道師」称号授与式および秩父市民俗芸能大会を開催し、秩父神社の神楽や屋台囃子、歌舞伎、黒谷・久那・日向・浦山の獅子舞、白久神明社や貴布祢神社の神楽、白久串人形などに取り組み、成果を挙げた小学生48名と中学生122名の合計170名に称号を授与しました。
 その後、黒谷獅子舞子ども教室の黒谷の獅子舞、もとまちこども太鼓教室の秩父屋台囃子、影森中学校の浦山の獅子舞、秩父第一小学校郷土芸能クラブの秩父神社神楽が披露されました。

2018年1月8日


 本日は、秩父宮記念市民会館で行う最初の成人式となりました。
 晴れて、成人式を迎えられた新成人の皆さんに、そして、今日まで愛情を込めて育ててこられましたご家族の皆さま方に深い敬意とともに、心よりお祝いを申し上げます。新成人の皆さんは、職業人として実社会でご活躍されている方や、勉学に専念されていらっしゃる方など立場はさまざまですが、20歳を迎え、晴れて大人の仲間入りをされました。
 今、皆さんの心は将来への夢と希望で満ち溢れていることと思います。ぜひ、若い力とチャレンジ精神をもって、何事にも果敢に挑戦し、個々の夢の実現に向かって努力してください。また、20歳を迎えるということは、さまざまな権利が与えられると同時に、社会に対し大きな義務や責任が生じます。本日は記念すべき成人式であり、その節目の日として一生の思い出となることでしょう。
 今後の秩父市の発展には、新成人の皆さんの柔軟な発想や若い力が必要です。どうか、積極的にまちづくりにご参画いただき、新しい時代の秩父市を、ともに築き上げていきましょう。皆さんが、限りない未来に向かって、さらに自己を磨き、より一層、輝いていただくとともに、これからの人生に幸多いことを祈念いたします。

2018年1月7日


 マイナス2度まで下がった今日は、秩父市公設卸売市場の初せりを行いました。
 この秩父市公設卸売市場は、秩父市大野原に位置し、野菜、果実、生鮮水産物およびその加工品を取り扱っており、地域住民の消費生活の安定のために開設しています。
 開設者として、買受人の商売繁昌、生産者の豊作と市場関係者の経営健全化を祈り、あいさつをしました。

2018年1月5日

2018年1月4日 仕事始め


 あけましておめでとうございます。平成30年もよろしくお願い申し上げます。
 今年は、穏やかな正月三が日を過ごしました。秩父各地も賑わいをみせ、正月の風情をあちらこちらに感じることができました。秩父市外に在住の友人からの年賀状を見ても、秩父市が注目されている内容が書かれており嬉しく思いました。成果のあった一年だったと感じたひとときでした。
 本日は仕事始めにあたり、職員への年頭訓示を行いました。
 今年のキーワードは、『築いた土台から飛躍の年』としました。
 昨年は(1)市民会館・市役所本庁舎建設の完了(2)新火葬場の完成(3)水道広域化への着実な進展など、まさに『土台』を創りあげた1年でした。今年は、それら『土台』を大きく『飛躍』の年にしたいと思います。
 しかし、合併特例法に基づく普通交付税の優遇措置も段階的な縮減が始まっており、財政上、厳しい年となることが明らかとなっています。その限られた財源を、私は『築いた土台から飛躍の年』とするため、次のような施策を計画しています。
(1)大型企業誘致へ向けて旧秩父太平洋セメント跡地道路新設
(2)長尾根トンネルへの積極的な取り組み
(3)こども医療費18歳まで拡大
(4)林業再生・新電力構想をスタート
(5)秩父おもてなし構想を前進
(6)秩父ブランドへの応援
(7)夢の実現へ向けての教育
(8)救急・産科医療への積極的な支援 です。
 職員と力を合わせ、「身を切る政策」、「価値ある政策」、「住み続けられる政策」を実行し、『日本一 しあわせなまち』を創り上げていきます!

2018年1月4日

ブログ用カレンダー

<2018年1月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

ブログ用月別アーカイブ