市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Thursday, February 18, 2010」で絞込み

秩父の救急医療を救う会議
 秩父保健所の呼びかけで、各市町の首長と医療福祉関係者の出席のもとで、秩父地域の救急医療と保健医療に対する会議が開催されました。
 会議では、各市町の医療福祉行政の現状と今後の計画、リハビリテーションの充実や自殺予防、マイカルテなど県の重点項目のご案内がありました。
 その後の本題の救急医療について会議では、救急輪番制病院が3病院となり、秩父市立病院が一週間のうちで3日から4日間が救急当番となるとの報告がありました。結果として、市立病院の負担は相当増え、担当する医師や看護師の疲労は極限に達し、もし市立病院が救急輪番に参加できなくなると秩父では救急医療が崩壊してしまいます。
 ですから、1市4町もこの危機的な救急医療を何とかしなければと、定住自立圏協定のもとで十分な財政支援と職場環境の改善を積極的に行い、また、救急搬送全体で4割、小児救急の8割が軽症でありますので医師会との協力のもとで、軽症患者さんは医師会医師の救急診療へのご協力を市長としてお願いいたしました。
 是非とも市民、住民の皆さん、救急医療の現状に対しご理解とご協力をお願い致します。

2010年2月18日

ブログ用カレンダー

2010年2月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28123456
78910111213