市長ブログ(平成22年)

ブログリストRSS 1.0
Friday, January 29, 2010」で絞込み

三豊総合病院
 病院経営の先進事例を学ぶため、1月28日~29日まで三豊総合病院へ視察に出張ました。
 この病院は、香川県の西端に位置し、観音寺市と三豊市の2市による組合立の病院で、病床数が519床で診療圏域人口は約16万人です。救急診療や高度専門診療を司る病院部門、介護福祉部門と健康管理部門の3つを包括した地域中核病院です。
 この病院の特徴は、全国的に自治体立病院が赤字経営のなかで、昭和57年より黒字経営を行いここ3年間は毎年6億円の経常利益を生み出しています。剰余金も105億円に達しており、自治体立で取組が優れている病院として総務省の事例集に紹介されています。その結果、再来年度の完成をめざして新病棟もすべて自前の資金で建設をします。
 この黒字経営は、病床利用率が96.2%(秩父市立病院61.4%)ときわめて高く、人件費比率45.6%(秩父市立病院52.7%)と健全病院の目安である50%以下をマークしております。さらに高い紹介率を維持し地域医療連携を推進していることも理由として挙げられます。この病院は2次救急施設と位置づけられていますが、3次高度医療機関への転送はきわめて低く、真の中核病院として地域で頼られております。
 今回の視察を秩父市立病院の今後の経営に役立てたいと思った次第です。

2010年1月29日

ブログ用カレンダー

2010年1月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456