市長ブログ(平成29年)

平成29年市長ブログ

2017年8月10日 200年生の木を育てる


 明日は山の日です。
 そこで本日は、大滝の秩父市有林内に200年生の銘木を育て、伊勢神宮の遷宮など神社仏閣に使っていただくための選木作業を市民にも参加してもらい行いました。
 すでに100年経っている木を一本一本、曲がりがないか、病気になっていないかなどを注意深く見て、テープを巻き、これから100年残してまいります。その他の木は、時期をみて間伐します。
 なお、秩父市には3,000ヘクタールを超える市有林がありますが、市有林の最大の特徴は、100年生をはじめとする人工林が、この栃本市有林に60ヘクタールまとまってあることです。これだけ高齢な人工林がまとまって存在している箇所は、埼玉県内ではここだけとのことですので、大事に守り育ててまいります。

2017年8月10日

2017年8月8日 林業対策協議会

 この団体は、知事への要望、先進地視察、林業講演などを通して、林業の発展に寄与している団体です。昨年は埼玉県知事に、森林施業の発展と苗木の安定供給、林業の担い手育成、県産木材の利用拡大、県で進めているみどりの基金の拡充、さらには財源確保の要望を行いました。
 本日は、住友林業(株)資源環境本部の山林部長 寺澤健治様から、住友林業グループにおける森林認証の取り組み、オリンピック需要以外の公共建築、認証取得を生かす林業経営のモデル、オリンピック・パラリンピックおよび、その後における非認証材に未来はないのかなどの講演を拝聴しました。

2017年8月8日

2017年8月7日 議員クラブ連絡会


 今日は、議員クラブ連絡会を開催しました。
 その中で「1.”ちちぶ映画祭2017”を秩父宮記念市民会館を会場とし、11月18日(土)・19日(日)に開催すること、2.市民会館では8月20日(日)ちちぶオペラ”ミカド”、9月2日(土)こどものためのシェイクスピア”リア王”、9月9日(土)”南こうせつwithウー・ファン”、9月24日(日)NBAバレエ団公演”ドン・キホーテ”、10月12日(木)演劇集団キャラメルボックスの公演”光の帝国”、10月29日(日)NHK全国放送公開番組”のど自慢”、3月18日(日)テレビ東京”出張 なんでも鑑定団”の公開収録を予定していること、3.公共施設ファシリティマネジメントのパンフレットを作成し全戸配布すること」をお話しました。

2017年8月7日

 これから迎える超高齢化社会で、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、秩父地域では1 市4 町が共に取り組み『ちちぶ版地域包括ケアシステム』によるまちづくりを進めています。これまでに、2回の「ちちぶいきあいフォーラム」を開催し、この取り組みを皆さんに知っていただけるよう講演会を開催して来ました。
 1回目は地域包括ケアシステムによる街づくり、そして地域で認知症の方などを支えるサロン活動についての講演会とシンポジウムを開催しました。2回目は「見取りを学ぶ」と題し、人が亡くなって行く時のことを具体的に知り人生の最期をどのように迎えるのかを考えていただく機会としました。
 本日3回目は、医師会長から「秩父地域の医療の現状と展望」についてご講演をいただきました。その後に『ちちぶ版地域包括ケアシステム』を推進するメンバーの有志で結成した『劇団いきあい』の、第3作目の寸劇「サロン編」を上演しました。このような取り組みが、秩父地域の医療と福祉を進める上でお役に立てばと思います。

2017年8月6日

2017年8月5日 甲武信源流サミット

 甲武信ヶ岳を囲む3 自治体で構成する甲武信源流サミットが開催され「災害等発生時相互応援に関する協定」の締結式が、併せて行われました。
 この甲武信源流サミットとは、平成19 年に山梨県山梨市の提言で、甲武信ヶ岳を囲む長野県川上村を含めた3 市村が、酸素を供給する森林を保全し、源流の森が生み出す緑や清流を守り続け、この源流地域が都市に住む人々の命の源であり続けるために、力を合わせて源流の森を守ることを甲武信源流サミットを開催し、誓うものです。
 サミット宣言から10 年を迎える今年、改めて災害協定を締結し、もしも災害が起きた場合には復旧のためにお互いが協力するというものです。この災害協定が、お互いの絆をますます深くし、固く結ばれていくことを願っています。

2017年8月5日

ブログ用カレンダー_標準

<2017年8月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

ブログ用最新記事_標準