市長ブログ(平成29年)

平成29年市長ブログ
2017年7月」で絞込み

2017年7月31日 高齢者施策

 秩父市の高齢化率は、今年の4月1日現在31.33%となり、市民の約3人に1人が65歳以上という状況の中、介護の認定率も年々上昇しております。また、いわゆる団塊の世代が75歳に到達する2025年問題を8年後に控え、国においても、介護保険制度の改正を進めており、秩父市においても全国一律であった介護サービスのうち、要支援サービスの一部を市町村に移行する総合事業を、平成28年度から開始しています。
 私としても、高齢化の進展に伴い、認知症高齢者の対策や、高齢者が住み慣れた地域で生活を継続するための介護・医療・生活支援・介護予防を一体的に提供する「地域包括ケア」をしっかりやっていこうと考えております。
 本日は、高齢者福祉計画等策定委員会を開催し、委員の皆さんに介護保険事業に関する総合計画の策定をお願いしました。

2017年7月31日

2017年7月30日 芝桜写真コンクール

 芝桜まつり写真コンクール表彰式が行われました。応募いただいた作品は、いずれも甲乙つけがたい力作がそろいました。選考には時間を要しましたが、最優秀賞1名、優秀賞2名、実行委員会会長賞1名、入選15名を決定し、本日、それぞれの方に賞状と盾を贈りました。
 秩父市は、撮影ポイントが芝桜以外にも、四季を通じて各所にたくさんありますので、ぜひさまざまな景色を写真に収めにお越しいただきたいと思います。

2017年7月30日


 秩父市歴史文化伝承館ホールで、ユネスコ無形文化遺産登録記念シンポジウムが開催されました。このシンポジウムでは、菊池健策氏の基調講演とパネルディスカッションがありました。
 平成28年12月1日(日本時間)、「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む、全国33 件の『山・鉾・屋台行事』がめでたくユネスコ無形文化遺産に登録されました。このことは、秩父の人が誇りを持ち、先人から受け継いできた秩父祭が、各地で継承されてきた山・鉾・屋台行事と共に世界に認められたということであり、秩父市にとって非常に喜ばしい大きなニュースでした。
 しかし、社会変化の激しい昨今、地域の伝統文化の「保存と継承」は、無形民俗文化財の共通の課題であると感じます。このシンポジウムを通して、地域の伝統文化の継承について考えるきっかけになればと思います。

2017年7月29日

2017年7月28日 定例記者会見

29年7月定例記者会見
 本日、7月定例記者会見を行いました。
 ふるさと納税特典に「イチローズモルト限定ボトル」を追加し、ふるさと納税にクラウドファンディング型を導入する説明を行いました。この、クラウドファンディング型の導入では、第1弾として、「秩父雲海ライブカメラ設置」と「ポテくまくんの雨がっぱ製作」の2事業に対して、8月1日から寄附金の募集を開始する内容です。
 次に、ポテくまくん「ゆるキャラ®グランプリ2017」投票促進大作戦についてですが、グランプリへの参加が3回目となる今年を最後の挑戦として、エントリーナンバーである19を上回る順位を獲得すべく、様々な投票促進活動を行う説明です。

2017年7月28日

2017年7月27日 水島副区長来庁

 水島正彦豊島区副区長が来庁されました。現在、秩父市から豊島区へ、豊島区から秩父市へ職員の相互派遣を行い、さまざまな企画を提案し事業を進めています。特に、移住促進で人口増加を目指す先進的な取り組みは、全国から注目されているところです。
 今回は、水島副区長と移住に関して意見交換をさせていただき、具体的な方向性の意思疎通ができました。

2017年7月27日

ブログ用カレンダー_標準

2017年7月
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

ブログ用最新記事_標準