病院指標の公開

平成29年度 秩父市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)




年齢階級別退院患者数(ファイルをダウンロード


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数

81

18

25

42

78

128

291

457

540

206



年齢階級別退院患者数の集計方法と定義
  • 当院でのDPC(*1)対象病棟に1回以上入院した患者様の年齢階級別患者数を示しています。 

<解説>
 当院では全病棟において年間約2,000人の幅広い年齢層の患者様が入退院されていますが、そのうち、平成29年度のDPC対象病棟を経て退院した患者数は1,866人でした。
 60歳以上の患者様が全体の約80%を占め、最も多い年齢層は80~89歳(540人)で全体の約29%となっています。
 高齢の患者様が多い地域であるということが分かります。



(*1)DPCとは
 包括支払方式の略で、「診断病名」と「診療行為」を組み合わせた分類をもとに、1日当たりの入院費が決められる計算方式です。
 厚生労働省が「無駄のない効率的な医療の追求、医療費の抑制」などを目的として導入を推進している制度(DPC制度)で、当院は平成26年度から導入しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)(ファイルをダウンロード



診療科別症例数トップ5の集計方法と定義
  • 診療科別に最も多い疾患をDPCコード別に集計し、症例数、当院の平均在院日数、全国平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎

45

28.47

20.83

20.00%

86.20

110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症

34

13.26

12.34

8.82%

83.62

050130xx99000x 心不全

32

22.88

17.71

9.38%

83.63

030400xx99xxxx 前庭機能障害

26

4.88

5.15

0.00%

70.50

010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)

18

19.06

16.38

33.33%

71.39



<解説> 
 内科では、「誤嚥性肺炎」の疾患が最も多くみられます。当院は高齢の患者様が多いこともあり、嚥下機能の低下が原因であると考えられます。「心不全」は高齢者が多いこともあり基礎疾患としてあったものが悪化し入院となるケースがあります。「前庭機能障害」は主にめまい等の疾患で入院期間は比較的短くなっています。



外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等

-

-

7.40

-

-

060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍

-

-

15.61

-

-

060150xx02xxxx 虫垂炎

-

-

9.88

-

-

060150xx03xxxx 虫垂炎

-

-

5.56

-

-

060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍

-

-

17.49

-

-



<解説>
 外科では、「胆嚢水腫、胆嚢炎等」の疾患が一番多く占めており、次に「結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍」、「虫垂炎」、「直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍」が多くみられ、いずれも手術施行症例となっています。 ※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。



整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折

37

56.97

27.09

21.62%

83.46

160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)

18

35.61

19.94

0.00%

77.22

070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア

17

13.59

10.54

0.00%

56.94

160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折

12

32.42

15.22

33.33%

75.17

070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎

11

2.91

2.93

0.00%

73.55



<解説>
 整形外科では、高齢者の転倒による大腿骨骨折の手術施行症例が最も多く、次いで転倒等による胸部・腰部の圧迫骨折症例が多くなっています。「椎間板変性、ヘルニア」は頚部や腰椎椎間板ヘルニアの手術適応症例となります。



泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍

61

6.02

7.31

0.00%

73.84

11012xxx020x0x 上部尿路疾患

10

3.00

5.75

0.00%

63.30

11012xxx97xx0x 上部尿路疾患

-

-

7.20

-

-

110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全

-

-

8.50

-

-

110200xx02xxxx 前立腺肥大症等

-

-

9.73

-

-



<解説> 
 泌尿器科では、「膀胱腫瘍」が大部分を占めており、膀胱癌等で膀胱悪性腫瘍手術をする症例が最も多くみられます。「上部尿路疾患」は尿路結石症や尿管結石症、水腎症等が主な疾患になります。次いで慢性腎不全等で血液透析導入となる症例や、前立腺肥大症における経尿道的前立腺手術の症例が多くなっています。 ※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています



消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎

17

9.53

10.61

5.88%

70.41

060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍

-

-

8.73

-

-

060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)

-

-

13.61

-

-

060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等

-

-

10.91

-

-

060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎

-

-

9.85

-

-



<解説>
 消化器内科では、「胆管(肝内外)結石、胆管炎」などの切除術症例が一番多く、次いで「胃の悪性腫瘍」、「肝硬変」、「胆嚢水腫・胆嚢炎等」の疾患で、共に内視鏡治療を中心とした症例となっています。当院では平成27年4月から消化器内科を標榜し、専門医が内視鏡的治療を提供しています。 ※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています



循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全

12

31.58

17.71

0.00%

79.25

050050xx9901xx 狭心症、慢性虚血性心疾患

-

-

20.85

-

-

050070xx99000x 頻脈性不整脈

-

-

7.71

-

-

050130xx9901xx 心不全

-

-

19.53

-

-

010060x2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)

-

-

22.35

-

-



<解説>
 循環器内科では、さまざまな疾患が原因で起こる心不全や、心筋梗塞などの虚血性心疾患を主に診察しています。重篤なケースでは、近隣の高次医療機関と連携対応、また、高次医療機関で急性期治療を終えた患者様の受け入れ、フォローアップを行っています。 ※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています



小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院             日数             (自院) 平均在院             日数             (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他))

13

4.00

5.94

0.00%

1.00

040100xxxxx00x 喘息

10

4.70

6.32

0.00%

2.60

010230xx99x00x てんかん

-

-

6.32

-

-

150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎

-

-

5.50

-

-

040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎

-

-

6.03

-

-



<解説>
 小児科では、近隣の医療機関からの紹介なども含め、多くのお子様が受診されます。入院に至るケースでは急性気管支炎の憎悪が最も多く、次いで 「喘息」、「てんかん」、「ウイルス性腸炎」、「インフルエンザ、ウイルス性肺炎」が多くみられます。時期によっては川崎病などが多い時もあり、さまざまな疾患に対し迅速な診断が行われています。 ※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数(ファイルをダウンロード

 

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌

-

-

-

-

-

-

1

7

大腸癌

-

-

-

-

-

-

1

7

乳癌

-

-

-

-

-

-

1

7

肺癌

-

-

-

-

-

-

1

7

肝癌

-

-

-

-

-

-

1

7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

<解説>
5大がんについて、初発患者はUICC(*1)のTNM(*2)から示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は集計期間内の患者数を示しています。
当院において初発・再発ともに10件以下であるため、集計の定義に基づき、-(ハイフン)での表示としてあります。 

「初発」とは、当院において、その腫瘍の診断、診断と初回治療(*3)、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院か他施設かを問わずに初回治療が完了した後、当院において患者様を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
がんの進展度にかかわらず(はじめから遠隔転移がある進行がんで見つかった場合でも)、入院時に初発であれば、初発として集計しています。
一連の治療期間中(*4)(がんに対する化学療法を何回かの入院に分けて行ったような場合)の各入院においては、一番初めの状態で初発か再発かを分けています。一連の治療期間中であっても、遠隔転移などを認めた場合には再発としています。

(*1)UICCとは…UICC(Unio Intemationalis Contra Cancrum、2010年より英名は
          Union for International Cancer Control)は、国際対がん連合のことです。
(*2)TNMとは…がんの進行度を一定の基準を設けて分類したもの
         T:原発腫瘍の進展範囲(大きさ・浸潤の程度)
         N:所属リンパ節転移の有無と進展範囲
         M:遠隔転移の有無
        これらを総合的に組み合わせて、stage0~stageIVの病期が決まります。
(*3)初回治療とは…がんに対して、初めに計画された一連の治療(*4)を指します。
(*4)一連の治療とは…治療計画後再評価までの間に行われる治療を総括して指します。
  (例)手術後、化学療法4クール行った後再評価、という事例であれば、
     これら全てが一連の治療となり、入院回数は問いません。

※不明件数には、初発か再発かの不明件数・判断不能件数も含みます。
※患者様側の意向により、精査を希望されなかった場合など、退院時点でがんの進展度が明らかでないものも不明件数に含みます。
※病期分類は、がんの進行状態を表す値で、stage0からstageIVまであり、stageIVが最も進行している状態を意味します。
※stageが「0」のものは集計対象外とします。


成人市中肺炎の重症度別患者数等(ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症

-

-

-

中等症

56

17.91

81.25

重症

31

20.81

85.03

超重症

11

30.55

85.36

不明

-

-

-


<解説>
入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎等(ICD-10コードがJ13~J18$)であって、成人の市中肺炎(病院外で日常生活を送っていた人に発症した肺炎)の患者様が対象となります。重症度が高くなるにつれて平均在院日数、平均年齢が高くなっているのがわかります。また当院で最も多い入院病名も肺炎となっています。※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

肺炎の重症度とは…市中肺炎(*1)ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により以下のとおり分類

Age(年齢)……………… 男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水)…… BUN 21mg/dL以上 または脱水あり
Respiration…………………SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
Orientation(意識障害)…意識障害あり
Pressure(収縮期血圧) …収縮期血圧90mmHg以下
※ 5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

軽症  :0点の場合。
中等症 :1~2点の場合。
重症  :3点の場合。
超重症 :4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明  :重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

(*1)市中肺炎とは
 普段の社会生活(病院外で日常生活)を送っている中で発症した肺炎のことである。

脳梗塞のICD10別患者数等(ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内

62

24.85

78.77

21.79%

その他

16

29.38

78.25

6.41%


<解説>
最も医療資源を投入した傷病のICD-10(*1)がI63$「脳梗塞」の症例を集計しています。脳梗塞を病別型に分類し、その発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものとなります。当院では発症から3日以内の方が多く、その多くが救急入院となっています。

(*1)ICD-10とは
 「疾病および関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下ICDと略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。【引用元:厚生労働省ホームページ「疾病、傷害及び死因の統計分類」とは】


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)(ファイルをダウンロード


診療科別主要手術別患者数等(診療科別症例数上位5位まで)の集計方法と定義

※ 診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
※ 手術術式は点数コード(Kコード)による集計ですが、輸血関連(K920$)・その他軽微な手術は除外しています。
※ 術前日数は入院日から手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は手術日から(手術当日は含まない)退院日までとしています。
 

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

33

0.15

1.06

0.00%

68.76

K688 内視鏡的胆道ステント留置術

19

5.84

17.89

10.53%

77.42

K654 内視鏡的消化管止血術

14

3.00

20.07

0.00%

77.50

K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)

14

4.86

18.93

7.14%

79.07

K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)

-

-

-

-

-

<解説>
内科での手術症例は内視鏡を用いた大腸ポリープ切除術が最も多く、クリニカルパスによる1泊2日での入院期間で対応しています。次いで総胆管結石・胆管炎等に行う内視鏡的手術の件数が多くなっています。※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)

34

1.15

3.12

0.00%

66.97

K6335 鼠径ヘルニア手術

18

1.06

3.56

0.00%

73.39

K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術

16

1.50

4.63

0.00%

64.75

K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)

-

-

-

-

-

K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術

-

-

-

-

-

<解説>
外科では消化器手術が中心となっています。最も多いのは鼡径ヘルニア手術で、次いで胆石や胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術、結腸の悪性腫瘍手術となっています。また、患者様の身体への負担軽減や入院期間が短くなる腹腔鏡を用いた手術が多くなっています。※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)

28

4.71

49.14

21.43%

83.86

K0821 人工関節置換術(股)

17

2.00

33.35

0.00%

70.71

K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術)

17

3.76

11.18

0.00%

56.94

K0811 人工骨頭挿入術(股)

15

4.80

51.13

13.33%

78.60

K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)

14

0.43

1.79

0.00%

64.86

<解説>
整形外科での手術症例は大腿骨頚部骨折に対する骨折観血的手術(大腿)が最も多く行われています。次いで変形性股関節症等に対して行われる人工関節置換術(股)や椎間板ヘルニア等に対して行われる内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術)など、多岐にわたって行われています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)

63

1.67

3.65

0.00%

74.10

K610-3 内シャント設置術

15

3.07

10.60

6.67%

63.73

K783-2 経尿道的尿管ステント留置術

11

0.27

3.73

9.09%

69.36

K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他)

10

1.00

1.00

0.00%

63.30

K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)

-

-

-

-

-

<解説>
泌尿器科では膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)が最も多く、次いで慢性腎不全の血液透析導入のための内シャント設置術、尿管狭窄や水腎症等に対する経尿道的尿管ステント留置術、尿管結石症や腎結石症等に対する経尿道的尿路結石除去術(その他)、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術となっています。※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

47

0.04

1.02

0.00%

66.66

K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)

10

2.50

7.00

10.00%

73.60

K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)

-

-

-

-

-

K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他)

-

-

-

-

-

K688 内視鏡的胆道ステント留置術

-

-

-

-

-

<解説>
消化器内科では内科と同じく内視鏡を用いた大腸ポリープ切除術が最も多く、クリニカルパスを使った1泊2日での入院がほとんどとなっています。その他、内視鏡的に胆管結石の除去等や消化管腫瘍の摘出手術を多く行っています。※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)(ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一

-

-

異なる

-

-

180010 敗血症 同一

10

0.54%

異なる

16

0.87%

180035 その他の真菌感染症 同一

-

-

異なる

-

-

180040 手術・処置等の合併症 同一

-

-

異なる

-

-

 <解説>
重篤な疾患であるDIC(播種性血管内凝固症候群)(*1)、敗血症(*2)、その他の真菌症、手術・処置後の合併症について、入院契機病名(DPC6桁レベル)の同一性の有無を区別して患者数と発症率を示したものです。※患者数が10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示しています。

(*1)DIC(播種性血管内凝固症候群)とは
基礎疾患によるさまざまな病態、外傷、手術、抗腫瘍薬(こうしゅようやく)投与などに併発する症候群です。全身の細小血管内に血栓が形成され、その結果、凝固因子や血小板の消費性減少と、線溶反応の活性化が起こり、各種臓器の虚血性機能不全とともに、出血傾向が現れます。原疾患の治療ととのみ抗凝固薬、抗線溶薬(こうせんようやく)、血栓溶解薬などが投与されます。
予後は原疾患により異なりますが、早期からの積極的な治療により救命できることもあります。【引用元:メディカルiタウン 病気辞典】

(*2)敗血症とは
肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。
背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病(こうげんびょう)といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。【引用元:メディカルiタウン 病気辞典】

更新履歴

平成30年9月26日  平成29年度病院指標を公開