薪ストーブ等を使用した際に発生する灰の取扱方法

 市内で薪ストーブや薪ボイラー等をご使用の方は、灰の取り扱い、処分を以下の方法で行うようにしてください。

灰の受入場所

秩父環境衛生センター

 秩父市山田1100 電話 0494-23‐8921
 営業日時:月~金曜日(祝日は除く)および第3日曜日(一般家庭ごみのみ)
      9時~12時、13時~16時


大きな地図で見る

搬入方法

  • 薪ストーブ等の焼却灰とその他のごみは混ぜないでください。
  • 薪ストーブ等の焼却灰は、畑などに撒いたり、販売・譲渡など、灰の発生場所からむやみに移動させないでください。
  • 薪ストーブ等の焼却灰はごみ集積所(ごみステーション)には出さないで、ポリ袋等に入れ、飛散することのないよう口を縛って、秩父環境衛生センターに直接、お持ち込みください。
  • 持ち込み数量は、1回につき5袋までにしてください。

処理手数料

  • 一般家庭  100kgまで400円(税込)  100kgを超えたときは10kgごとに40円を加算

 

その他

  • 環境省では、薪ストーブ等を使用する場合は、その使用に伴い発生する灰が高濃度にならないよう、できる限り流通している薪(林野庁の指標値である40Bq/kg以下のもの)または安全が確認されている薪を使用すること、やむを得ずそれ以外の薪を使用する場合には、放射性セシウムが付着している表面の部分を取り除いて使用することが望ましいとしています。

 

  • 対象は一般家庭から排出される灰等であり、それ以外は関係法令により処理してください。

 

  • 秩父市が実施した検査の結果、薪について放射性物質は不検出でしたが、燃焼後の灰を検査した結果、灰に撒くことができる基準(400Bq/kg)を超えているため、個人の判断で土壌改良剤やその他の方法で灰の利活用を希望する場合はやむを得ませんが、基本的に灰については一般廃棄物として処分していただくようお願いします。なお、秩父市では今後も定期的に検査を実施する予定です。

参考

 平成13年4月1日から廃棄物の焼却は原則禁止されました。 ※野外焼却(野焼き)禁止
 小型焼却炉は平成14年12月1日から一切使用できません。

 

問い合わせ 

灰の取扱いについては

 秩父広域市町村圏組合 業務課 電話 0494‐23‐2489
 秩父環境衛生センター 電話 0494‐23‐8921

薪ストーブ・薪については

 秩父市役所森づくり課 電話 0494‐22‐2369