下水道の正しい使い方

 下水道が使用できるようになったからといって、何でも流していいというわけではありません。まちがった使い方は、汚水の逆流などの重大な事故につながります。皆さんで大切に正しく使いましょう。

  • 生ごみを捨てない
    生ごみは、排水管がつまる原因になります。生ごみは容器にすてましょう。
  • 油を流さない
    石鹸と水と油が化合すると凝固して下水道管をつまらせます。油類は絶対に流さないでください。
  • 有リン洗剤を使わない
    洗濯にはリンを含まない洗剤を使いましょう。中性(有リン)洗剤は、処理場の微生物を傷め、浄化作業に影響します。
  • トイレにものを流さない
    水洗トイレにはトイレットペーパー以外のものは流さないようにしてください。
  • 風呂場や洗面所に髪がつまっていませんか
    髪の毛を流すと、つまりの原因になったり、悪臭が発生するもとになります。排水口にたまった髪の毛は、こまめに取り除くようにしましょう。
  • 家の外では、年に1回排水設備の点検を!
    汚水ますのふたを開けて、点検してください。異状のある場合は、下水道指定工事店へ。