重度心身障害者医療費、手当てについてご案内します

1 特別児童扶養手当

対象者

 身体または精神に障がいがある20歳未満の児童を、家庭において育てている方
 障がいがある児童とは、身体障害者手帳1級、2級、3級、療育手帳Ⓐ、A、Bの方です。ただし、同居の家族に一定以上の所得がある場合は支給停止となります。

※社会福祉施設(通園施設は除く)に児童が入所している場合は受けられません。

2 在宅重度心身障害者手当

対象者

 身体障害者手帳1級、2級、療育手帳Ⓐ、A、精神障害者保健福祉手帳1級の手帳を所持し、在宅で生活している方
次の方は受けられません。
  • 他の手当を受けている方(超重症心身障害児の認定をうけた方を除く)
  • 社会福祉施設に入所している方
  • 市民税が課税されている方
  • 65歳以上で新たに障害者手帳を取得する方

3 障害児福祉手当

対象者

 身体または精神に障がいがあるため、常時介護が必要な20歳未満の方
 ただし、本人または扶養義務者に一定以上の所得がある場合は、一定期間支給停止となります。

次の方は受けられません。 
  • 社会福祉施設に入所している方
  • 障害基礎年金を受けている方

4 特別障害者手当

対象者

 次のいずれかに該当する20歳以上で在宅で生活している方
  • 国民年金法1級程度の障がいが2つ以上ある方
  • 国民年金法1級程度の障がいが1つあり、さらに国民年金法2級程度の障がいが2つ以上ある方
  • 肢体不自由で、国民年金法1級程度の障がいがあり、日常生活において常時特別な介護が必要な方
  • 内部障がいおよびその他疾患で、国民年金法1級程度の障がいがあり、絶対安静の方
  • 精神障がい(知的障がい含む)で、国民年金法1級程度の障がいがあり、日常生活において常時特別な介護が必要な方

 ただし、本人または扶養義務者に一定以上の所得がある場合は、一定期間支給停止となります。
 なお、障害基礎年金を受給している方も申請できます。

次の方は受けられません。
  • 社会福祉施設に入所している方
  • 病院または診療所に継続して3か月を超えて入院している方

5 重度心身障害者医療費

対象者

 次のいずれかに該当する方
  • 身体障害者手帳1級、2級、3級所持者
  • 療育手帳Ⓐ、A、B所持者
  • 精神障害者保健福祉手帳1級所持者
  • 後期高齢者医療制度の「障害認定」を受けた方
 ※65歳以上で新たに障害者手帳を取得する方、等級の変更等により新たに上記に該当する方は対象外となります。
 ※精神障害者保健福祉手帳1級により認定を受けている方の精神病床への入院費用は支給対象外となります。

    ※用語解説についてのお問い合わせは、Weblioへお願いします。