令和3年度秩父市子育て世帯への臨時特別給付

  新型コロナウイルス感染症が長期化する中、その影響を受けている子育て世帯を支援するため、高校生等までの

子どもがいる世帯に対し、臨時特別給付金を支給します。

  〔令和3年12月15日時点での変更点〕

   「対象児童1人につき、5万円」とありますが、秩父市におきましては現金一括給付とすることに

   なりましたので「対象児童1人につき、10万円」となります。

支給対象

対象児童

  1. 令和3年9月分の児童手当支給対象者となる児童
  2. 令和3年9月30日時点で、高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童
  3. 令和3年10月以降令和4年3月31日までに出生した児童(新生児)

 ※対象児童の生年月日:平成15年4月2日~令和4年3月31日

 

支給対象者

  対象児童の保護者のうち、生計を維持する程度の高い者(児童手当(本則給付)受給者もしくはそれに準ずる者)

 ※所得制限による特例給付(5,000円)の方もしくはそれに準ずる方は対象外となります。

参考:児童手当所得制限限度額表

 扶養親族の人数

 所得制限限度額(万円)

 収入額の目安(万円)

0人

622 833
1人 660 875
2人 698 917
3人 736 960
4人 774 1,002
5人 812 1,040

 (注記)

  1. 「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額の所得制限を確認します。
  2. 父母ともに所得がある場合等は、「主たる生計維持者」の所得を判定します。
  3. 扶養親族等の数は、税法上の同一生計配偶者及び扶養親族(施設入所等児童を除く。以下、「扶養親族等」という。)並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数をいいます。
  4. 所得税法に規定する老人控除対象配偶者又は老人扶養親族がいる方の限度額は、上記の限度額に当該老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額になります。
  5. 扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額は、1人につき38万円(扶養親族等が老人控除等対象配偶者又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額になります。
 

支給金額

 

対象児童1人につき、100,000円  ※秩父市では現金一括給付とすることとなりました。

 

 支給方法

 【申請が不要の方】→ 支給対象者の令和3年10月支給分の児童手当と同じ振込口座に支給します。

 【申請が必要な方】→ 申請書で別途指定した口座(※支給対象となる申請者名義のもの)に支給します。

 

※指定口座への振込みが口座解約・変更等によりできない場合は、給付金が支給されませんので、令和4年3月末までに必ず口座の変更手続きをお願いいたします。

  申請が不要の方

対象者

 • 令和3年9月分の児童手当(本則給付)支給対象児童の保護者(公務員を除く。)については、申請手続きの必要はなく、 令和3年12月24日(金)に支給予定です。

 また、高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)を養育している人のうち、弟妹分の児童手当(本則給付)を秩父市から受給している人も 同日に支給予定です。

 

※上記の方には、令和3年12月1日に『給付についてのお知らせ』を通知しておりますが、本市におきましては、10万円を現金で一括給付することとなりましたので、発送したお知らせに記載している支給金額5万円を10万円としてご理解いただきますようお願いいたします。

 

※令和3年9月1日以降に児童手当の受給者を変更した場合であっても、原則、令和3年9月分の児童手当を受け取った受給者へ支給します(ただし、DV避難による支援措置を申請している場合を除く。)。

 

• 令和3年9月~12月の間に出生した児童を養育し、秩父市に児童手当の申請を行い、児童手当(本則給付)の認定をされた方については、令和4年1月以降に順次通知、支給(※児童手当と同じ口座)を行う予定です。

 

 受給を辞退される場合

 給付金の受給を辞退する場合は、『受給拒否の届出書』をこども課に提出してください(郵送可)。

 DV被害により避難されている方

  DV被害によりお子さんとともに避難されている方で、令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、秩父市で給付金の支給を受けることができる場合がありますのでご相談ください。

 

申請が必要な方

対象者

  1. 所属庁から児童手当(本則給付)を受給している秩父市在住の公務員
  2. 令和3年9月30日時点で、高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)のみを養育している保護者(保護者の所得が児童手当(本則給付)の支給対象となる金額と同等未満の場合)
  3. 令和3年9月以降令和4年3月31日までに生まれた児童手当(本則給付)支給対象児童(新生児)の保護者

    ※対象の方には、12月下旬から順次申請書を送付しますので、こども課窓口に申請をしてください。

  (郵便申請も受付けます。)

 

申請書類

 

  高校生等のみ・公務員の方

 • 令和4年1月以降令和4年3月31日までに生まれた新生児

 • 共通の添付書類

  •  振込先金融機関口座確認書類の写し ※受取口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる通帳やキャッシュカードの写し
  •  令和3年度(令和2年分)所得課税証明書 ※ただし、令和3年1月1日に住民票が秩父市にない方に限る。
  •  児童の属する世帯全員の記載のある住民票 ※ただし、対象児童の住民票が秩父市外にある場合に限る。
 

申請期間

 

  【高校生等のみ・公務員】→ 令和4年1月4日(火)から令和4年3月15日(火)まで

  【新生児】       → 令和4年1月4日(火)から令和4年4月15日(金)まで

 

申請先

 

  秩父市役所福祉部こども課(本庁舎1階4番窓口) ※郵便での申請も受付けます。

 

注意

 

 「子育て世帯への臨時特別給付金」の振り込め詐欺や個人情報搾取にご注意ください。

  申請内容に不明な点があった場合、秩父市から問い合わせすることがありますが、ATM(現金自動受払機)の操作をお願いすることや、支給のために手数料等の振込みをお願いすることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに秩父市の窓口又は最寄りの警察にご連絡ください。