新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

緊急事態宣言の解除を受けて、市民の皆さんへ市長メッセージ(5月25日)

 4月7日に、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が出され、埼玉県は緊急事態措置を実施すべき区域となりました。その後、5月4日には、6日までだった緊急事態措置を実施すべき期間が、5月31日まで延長されることとなりました。

 しかし、感染状況や医療体制が改善されたとして、5月25日に開催された政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」で、埼玉県は緊急事態宣言の対象区域から解除されました。

 市民の皆さんには、長期間にわたっての外出の自粛、テレワークや休業などの要請が大野埼玉県知事よりなされたことで、今までの日常の暮らしだけではなく、社会経済活動において、さまざまなご不便やご迷惑をおかけすることになりました。しかし、市民の皆さんのご理解、ご協力と積極的な取り組みなどにより、市内での感染者の発生を最小限に抑えることができました。改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。

 しかし、新型コロナウイルスとの闘いは、まだまだこれからも続きます。医師である市長の私が、今まで培ってきた医師としての経験や持てる力の全てを振り絞り、今後も全力で取り組む覚悟です。緊急事態宣言が解除されましたが、ここで気を緩めると今までの努力が水の泡となります。

 改めて市民の皆さんに、脱新型コロナウイルスの行動をお願いさせていただきます。

 もうしばらくの間は、不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで移動することは控えていただくようお願いいたします。また、3つの密(密閉・密集・密接)を避け、生活必需品の買い物も混雑時は避けて、なるべくお1人でお出かけください。また、家庭内での感染を防ぐ対策として、ご自宅で過ごされる場合でも、手洗いを入念に行い、咳エチケットやこまめな換気をお願いします。

 これまでの、市民の皆さんのご努力を無駄にしないためにも『新しい生活様式』を心がけていただき、ご自身やご家族など大切な人を守る行動に努めていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

 なお、秩父市では県内でも早い段階で、ハイパワー資金など経済対策を行いましたが、今後さらに、新たな施策を検討し、生活支援の強化と併せて展開してまいります。

 

緊急事態宣言の延長を受けて市長メッセージ(5月7日)

 不要不急の外出の自粛要請が続き、非常に辛い毎日です。天気が良い日などは、外で思いっきり遊びたいですし、多くの仲間と直接会って話しもしたいですね。でも、新型コロナウイルスは、ピークは過ぎてきているように思えますが、いつ大きな流行が発生するか分かりません。新型コロナウイルスは、人に寄生しないと生きていけません。そのため、根治させるためにも、ぜひもう少しの我慢が大切になります。

 安倍晋三首相からは、5月4日に開催された政府の『新型コロナウイルス感染症対策本部』で、4月7日に「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」をしましたが、5月31日まで延長すると正式に表明しました。ただし、「5月14日を目途に現状分析を行い、可能と判断すれば期限を待つことなく解除する」ことも明らかにしました。

 31日の期限を待つこと無く14日の判断で解除されるためには、我々一人ひとりの努力にかかっています。そのためには、政府の専門家会議の「新しい生活様式」を生活、仕事、スポーツなどの場面で実践していただくことを、ぜひお願いいたします。具体的には、(1)身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い。(2)会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。(3)家に帰ったらまず手や顔を洗い、できるだけすぐに着替える。(4)食事は対面ではなく横並びで座り、大皿は避ける。(5)買い物は一人または少人数で、支払いは現金ではなく電子決済を利用する。(6)公共交通機関では会話を控えめに。(7)発症した場合に備え、誰とどこで会ったかをメモしておく。といったことが挙げられます。

 期間が延長されることから、小中学校は分散登校を計画しています。その際には、児童や生徒に感染を広げないよう最大限の努力を図ります。

 また、PCR検査は秩父市でも数を増やしていきたいと思います。秩父郡市医師会様のご協力をいただきさらに進め、感染防止に向けて懸命に努力をします。今後、新たな仕組みができ、今まで以上に素速い対応が出来るようにします。

 消費が急激に落ち込んでいることから、経済対策として1人一律10万円の「特別定額給付金」や、子ども1人当たり1万円を交付する「子育て世帯臨時特別給付金」は、迅速に支給できるように、全庁的に取り組むようすでに指示しました。秩父市独自の施策として、ハイパワー資金、中小事業者緊急特別融資、新型コロナ抑制休業協力金など、迅速に対応を行います。

 このコロナとの戦いは、我々一人ひとりの努力にかかっています。ぜひ、もうしばらくの辛抱をして「かからない」「うつさない」努力を今後も行って参りましょう。そして一日でも早く、明るい生活を取り戻せるよう、一緒に取り組みましょう。

 

緊急事態宣言の延長を受けての市長メッセージ動画はこちら

 

~ 市長メッセージ 市民の皆さまへ ~(4月24日)

  4月7日、国は緊急事態宣言を発令し、3密(密閉・密集・密接)を避け、人との接触8割削減を目指し、外出自粛を要請しています。しかしながら、感染者数は増え続け、4月19日には1万人を超えました。

 ここで、20年以上、インフルエンザや風邪などの治療を行ってきた医師である市長として、皆さまへお願いいたします。

まず、新型コロナウイルスは寄生体です。ドアノブや手すりなどに付着して数日間生き続け、それを触ったり、また咳などの飛沫感染で人の細胞内に入り込みます。感染初期には症状がなく、知らない間に他の人に感染させてしまう巧妙なウイルスです。 

 以上を前提として、今一度、以下についてお願いいたします。

(1)マスクの着用(布マスクでも可)。せっけんでのこまめな手洗い。

(2)3密(密閉・密集・密接)を回避、人との接触を8割削減。

(3)外出の自粛。お子さんを含め、可能な限り自宅で過ごすこと。買い物はお一人で。

 現在、新型コロナウイルス感染症による経済への影響に対しては、

●第一弾として、県内唯一の特別の融資制度である「中小企業振興資金(ハイパワー資金)」をいち早く拡充し、3月11日から新たに、合計8億円の融資を実現。

●第二弾として、GW期間中の休業に対する協力金や新たな小口の緊急特別融資など、8項目の経済支援策を準備し、国の補正予算が成立次第、スピード感をもって実施。

することとしております。

 また、長い学校休業による影響に対しては、

●秩父おもてなしTVを通じた学習支援動画の配信(小学3年生から中学3年生向けの英語と小学6年生・中学3年生向けの数学を配信中)。

●休業中の子どもたちと教員のコミュニケーションツールとして、パソコンやスマートフォンの活用を予定。

といった取り組みを講じてまいります。

 私も、医師である市長として、今まで培ってきた医師としての全ての経験や持てる力全てを振り絞り、強力な敵『新型コロナウイルス』に全力で立ち向かう覚悟です。最前線で医療関係者や保健所職員も、一生懸命ウイルスと闘っております。ですから、3密を避け、できるだけ家で過ごし、せっけんで手洗いを念入りに行い、マスクを常に着用していただくようご協力をお願いします。

 できるだけ早く新型コロナウイルスを収束させ、明るく楽しい社会を取り戻しましょう。

 

埼玉県における緊急事態措置に関する市長メッセージ(4月8日)

 4月7日、新型コロナウイルスが国民の生命や健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、全国的に急速なまん延によって国民生活と経済に甚大な影響を及ぼす恐れのあることから、政府対策本部により、5月6日(水)まで、埼玉県全域を含む1都1府5県の地域に対して、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。
 これを受け、埼玉県知事より、5月6日まで埼玉県全域に対して次のような緊急事態措置を講じることが示されました。
1.県民の皆様に対して、医療機関への通院、食料・医療品・生活必需品の買い出し、職場への出勤、屋外への運動や散歩などの生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出の自粛を要請いたします。特に遊興施設などいわゆる「3つの密」がそろう場への外出や集まりへの参加について自粛を要請いたします。

2.事業者の皆様に対して、多数の者が参加するイベントの開催を控えるようご協力をお願いいたします。

3.県立学校(特別支援学校を含む)について、県教育委員会に対して休業を要請いたします。県内の小中学校、幼稚園などについては、この方針を踏まえ、適切な措置を講ずるようお願いします。

4.生活必需品などの物資の確保について、事業者の皆様には県民が安心して購入できる環境を整えていただくとともに、県民の皆様には冷静な対応をお願いします。買い占めや売り惜しみなどについては、躊躇なく対応してまいります。

 秩父市においては、この方針に基づき、措置を講じてまいります。
 特に、3点目の学校関係などについては、小・中学校は4月9日と10日は時間を短縮し、休業期間に対しての指導を行います。4月13日(月)から5月6日(水)まで臨時休業といたします。市立幼稚園は4月10日(金)から5月6日(水)まで臨時休園といたします。保育所、認定こども園については通常保育を行いますが、市役所から各園に対して4月9日(木)から5月6日(水)までの間協力保育の要請を行います。これにより、この期間にご協力いただいた場合は、保育料等の軽減措置を講じます。
 皆様が感染しないことが最も効果的な拡大防止策です。「うつらない」「うつさない」ことで、大切なご家族や友人を守ることができます。こまめな手洗いや消毒、咳エチケットなどの基本的な感染予防策を徹底しましょう。引き続きご協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症についてご心配の方は、下記の相談窓口でご相談ください。

 【埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター】(24時間受付)
  電話:0570-783-770

 

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(4月5日)

 県内173例目、174例目として、秩父市にお住まいの方について、新型コロナウイルスの感染が確認されたことが埼玉県より発表されました。秩父市在住の方で言えば、初めての事例となります。市としては、これまで以上に国や県とも連携しながら、感染拡大防止に向けた対策を講じてまいりますので、市民の皆様におかれましては、落ち着いた行動を心がけていただきますようお願い申し上げます。

 なお、埼玉県においても1日の感染者が二桁にのぼる日が続くなど、今後、急激な感染拡大が発生する可能性があることが指摘されています。

 大野知事からは、今月19日までの週末における不要不急の外出、平日における都内への外出、繁華街や飲食店への外出、多くの人が集まるホームパーティー等について自粛の要請がなされているところですが、市民の皆様におかれましても、お一人おひとりがこの事態に危機意識を持っていただきますよう、私からも重ねてお願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(3月12日)

 県内17例目として、秩父市内に滞在していた方について、新型コロナウイルスの感染が確認されたことが埼玉県より発表されました。秩父市に関連するものとしては初めての事例となります。

 市としては、国や県とも連携しながら、感染拡大防止に向けた対策を講じてまいりますので、市民の皆様におかれましては、落ち着いた行動を心がけてくださいますようお願い申し上げます。

 なお、今は皆様が感染しないことが最も効果的な拡大防止策です。

「うつらない」「うつさない」ことで、大切なご家族や友人を守ることができます。引き続き、こまめな手洗いや消毒、咳エチケットなどの基本的な感染予防策を徹底しましょう。不要不急な集まりを避け、特にご高齢の方や持病をお持ちの方は、人混みをできるだけ避けてください。発熱など風邪の症状があるときは、外出を控えるなどご協力をお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症についてご心配の方は、下記の相談窓口でご相談ください。

 【埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター】(24時間受付)

  電話:0570-783-770

 

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ動画はこちら