市長ブログ(令和2年)

平成30年市長ブログ

2020年1月25日 避難訓練コンサート New!

避難訓練コンサート

 秩父宮記念市民会館では、「公演中に実際に災害が起こったら」という設定で、コンサートの最中に避難訓練を行う「避難訓練コンサート」を開催しました。館内で火災が発生したという想定で、実際に観客や出演者を会館スタッフが、避難場所へ誘導しました。こうした活動を継続して行うことで、避難計画のさらなる充実を図りたいと思います。

避難訓練コンサート〕※秩父市青少年文化展の様子も撮影しました。

2020年1月25日

地域医療確保対策会議地域医療確保対策会議

 地方の医師不足は深刻です。その原因は、(1)新臨床研修医制度で地方に派遣できる医師が不足している(2)新専門医制度で医科大学を卒業して、一人前になるのにさらに5年かかる(3)医師の東京一局集中(4)専門科目の偏在、などが挙げられます。さらに追い討ちをかけたのが、厚生労働省が独自に病院の再編成について地方病院名を公表してしまい、該当病院の地域では「自分たちの病院がなくなる」との不安と混乱を招いていた事です。

 これを受けて、全国市長会では地域医療を守るため、第6回の地域医療確保対策会議を全国都市会館で行い、私は座長として進行しました。あと2回の会議で取りまとめを行い、全国市長会として国へ要望します。

 

2020年1月21日

2020年1月19日 劇団いきあい公演

劇団いきあい

 この秩父地域では、皆さんが安心して人生の最後まで生活し続けられる安心・安全のまちづくりを進めています。このような、取り組みのある事を皆さんに知ってもらい、また住民の皆さん自身としてできることを行う「自助」「互助」の意識を持っていただきたいことから「劇団いきあい」が結成されました。
 これまでに、5作の寸劇を上演してきましたが、今回は「緩和ケア」をテーマにしました。主人公の最期の送り方を通して、皆さんに人生の最期を自分らしく終うということを考えていただくこと、そしてがんの末期の痛みの緩和に代表される「緩和ケア」の実際を、皆さんにご理解いただける、内容になっていました。以前上演した作品と比べ、かなりレベルが上がっていて、とても素人が演じている作品とは思えないくらい素晴らしいものでした。ご自分、そして身近な方が、尊厳を保ちながら、人生をまっとうするために、今からできることを考えるきっかけにしていただければと思います。
 今後も、医療と福祉が一番分かる市長として、住民の皆さんと彼らのような専門職の皆さん、そして行政とで手を携えて、さらに住み良い秩父を作って行きたいと、改めて肝に銘じました。

2020年1月19日

2020年1月17日 知事との懇談会

市長と大野知事集合写真椎茸

 昨日は、新年のあいさつ回り後、知事公館で「知事と農林水産業団体長との懇談会」が開催され、埼玉県林業協会長および(一社)埼玉県治山林道協会長として出席しました。
 懇親会のメニューの食材は、全て県産品を使用しており、秩父市の椎茸やこんにゃくを使った料理もありました。私からは、椎茸を大野知事に謹呈しました。

2020年1月17日

2020年1月16日 新年のあいさつ

太平洋セメント(株)昭和電工(株)

   不死原太平洋セメント社長 様         森川昭和電工社長 様

キヤノン電子(株)西田参議院議員

    酒巻キヤノン電子社長 様         西田実仁参議院議員 様

上田参議院議員

    上田清司参議院議員 様

 今日は、日頃から秩父市が大変お世話になっている皆様に、新年のご挨拶に伺いました。なお、小泉龍司衆議院議員、関口昌一参議院議員、古川俊治参議院議員、橘慶一郎衆議院議員の皆様とは、公務の都合でお会いすることができませんでしたが、「今年も秩父市をよろしくお願いします」とお伝えさせていただきました。

2020年1月16日

ブログ用カレンダー

<2020年1月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

ブログ用最新記事

ブログ用月別アーカイブ