市長ブログ(令和元年)

平成30年市長ブログ

2019年9月14日 関係者へ感謝と激励 New!


 豚コレラへの対応に当たっていただいている関係者に、心より感謝を申し上げ、業務の完遂とこれ以上被害が広がらないよう、最善の努力をお願いしました。
 体調に気をつけていただき、市としてもできる限りの支援をしたいと思います。
 なお、感染が認められた養豚場で飼育されていた753頭の殺処分は終了しました。
 豚コレラは、豚やイノシシの病気ですので、人に感染することはありません。万が一、豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べたとしても人体に影響はありません。また、感染豚の肉は市場に出回りませんので、ご安心ください。

2019年9月14日

 本日、秩父市内の養豚場において豚コレラの陽性反応が確認されました。
 豚コレラは、豚やイノシシの病気ですので、人に感染することはありません。万が一、豚コレラにかかった豚の肉や内臓を食べたとしても人体に影響はありません。また、感染豚の肉は市場に出回りませんので、ご安心ください。
 市も埼玉県と連携し、迅速に適切に対応します。

 

2019年9月13日


 「二瀬~川又・三峰間国県道早期改良促進期成同盟会総会」が大滝振興会館で開催されました。
 国道140号は、平成10年に雁坂トンネルの開通により全線開通し、北関東と甲信越を結ぶ交通の大動脈として大きな役割を担っているとともに、産業経済・文化観光など、埼玉県はもちろんのこと、首都圏にも西関東連絡道として大きく貢献しています。また、国道140号大滝トンネルの事業化が決定し、現場では関係する調査が行われトンネル工事も数年後には始まります。トンネル開通後は、現在7kmあるものが2kmになる予定ですので時間短縮など、効果は大きいと思います。
 さらに、県道秩父多摩甲斐国立公園三峰線は、近年のパワースポットブームもあり、全国より多くの参拝客が三峯神社を訪れ、大滝地域の観光振興に大きく寄与しております。
 地域住民にとっては、日常生活の全てに密接に関わる道路であり、事業の早期完了をお願いしました。

2019年9月11日


 今日は、キヤノン電子株式会社の本社に伺い、日頃からご指導いただいている酒巻久代表取締役社長様にご挨拶いたしました。
 秩父市に対して、さまざまなアイデアをお持ちで、日本の企業を代表する会社のトップの方の発想力に驚かされます。
 今後も、引き続きよろしくお願いいたします。

2019年9月10日


 秩父地域は、観光資源が多彩で魅力ある地域ですが、特に日本酒・焼酎・ビール・ワイン・ウイスキーの主要5種類の酒を製造している県内唯一の地域です。これは、全国的にみても非常に珍しく、秩父の山々や気候、荒川水系の豊かな水などの大自然が酒造りに適しているのだと思います。
 ここに着目して、埼玉県と一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社では、「ちちぶ乾杯共和国」と銘打ち、1市4町で「酒」に着目した産業・観光振興に取り組んでいくことといたしました。「酒どころ秩父」として、国内外から観光で訪れた皆さんに秩父の地酒と観光をアピールしていくチャンスであり、秩父を発信源として埼玉県全体を盛り上げて行きたいと思います。
 「ちちぶ乾杯共和国」をきっかけに、秩父地域の多彩な食や観光スポットを、さらに多くの方々に楽しんでいただきたいことを願い、ここに「ちちぶ乾杯共和国」の建国を宣言いたします‼

 

2019年9月8日

ブログ用カレンダー

<2019年9月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112