書道部生徒が小学生の書初めにアドバイス

書道部生徒が小学生の書初めにアドバイス


 12月14日、秩父農工科学高校書道部の生徒が、秩父第一小学校の児童に書初めを教えました。

書初め指導1

 今回の試みは、秩父第一小学校からのオファーを受けての実現だそうです。書道部はラベルの作製やTシャツ作りに携わったことがあるそうですが、学校で教えるのは初めてだそうです。


書初め指導2 書初め指導3

 書道部15人のうち2年生6人が、先生の補助として、3年生の書初めの授業に参加しました。今回は、「おせち」という字を練習します。

 お手本には紙の大きさに合わせ、字のサイズの目安のラインが引かれています。お手本の線に沿って書けば、最初の字が大きすぎて最後の字が小さくなってしまうことが防げます。また、児童一人一人の名前を小筆で書いてあるお手本があるので、名前が書ききれなくなることもありません。


書初め指導4 書初め指導5


書初め指導6 書初め指導7

 書道部の生徒たちは、はじめは緊張した様子でしたが、児童の隣に座り、同じ目線で、筆の持ち方や書く時のコツなどを教えていました。


書初め指導8 書初め指導9

 書道部のお姉さんが、一緒に筆を持って、はらいや止めのコツを教えたり、実際に書いて見せてアドバイスをしてくれたりしたので、児童たちも一生懸命に、書初めに取り組んでいました。