秩父市の不妊検査費助成事業(こうのとり健診)

 秩父市では、不妊に悩むご夫婦の経済的な負担を軽減するため、ご夫婦で不妊検査を受けた場合の費用の一部を助成する「秩父市早期不妊検査費助成事業(こうのとり健診推進事業)」を行っています。

対象

特定不妊治療を実施している指定医療機関の医師が不妊症の診断のために必要と認める検査を受けた夫婦で、以下の要件に該当している方が対象です。
  1. 申請時に法律上の婚姻をしている夫婦で、夫婦ともまたはどちらか一方が市内に住民登録のある方
  2. 不妊検査開始時の妻の年齢が43歳未満である夫婦で、夫婦が揃って検査を受けていること

助成内容

助成対象となる不妊検査にかかる費用のうち、助成対象者の自己負担額に対し、2万円を限度に助成します。

助成回数

1組の夫婦につき1回限りとします。

申請書類

添付書類

(1)秩父市早期不妊検査費助成事業申請書兼請求書(様式第1号)
(2)秩父市不妊検査費助成事業に係る実施証明書(様式第2号)
(3)検査費の領収書(原本)
※コピーを取らせていただきます。
(4)法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類
(5)住所を確認できる書類
※(4)(5)は、夫婦とも秩父市内に同一世帯として住民登録がある場合、住民基本台帳確認の同意で省略可能です。それ以外(夫婦のいずれかが秩父市以外に住民登録がある場合など)は、お問い合わせください。

申請方法

 上記の書類をそろえ、秩父保健センターまでお越しください。その際、あらかじめご連絡くださるようお願いいたします。申請書は下記からダウンロードしていただくか、秩父保健センターでも配布しています。
また、書類確認に時間を要する場合もありますので、時間に余裕をもってお越しください。

申請期限

原則として、不妊検査期間の最終日が属する年度内(3月31日)とします。ただし、不妊検査期間の最終日が2月1日~3月31日の場合、翌年度5月31日まで申請を受け付けます。


ダウンロード


秩父市早期不妊検査費助成事業申請書兼請求書(様式第1号)(73KB)
秩父市早期不妊検査費助成事業に係る実施証明書(様式第2号)(151KB)