ジオパーク秩父ガイドウォークが開催されました

ジオパーク秩父ガイドウォークが開催されました

 

ジオウォーク1

 4月29日・30日、5月3・4日の4日間、秩父まるごとジオパーク推進協議会によるジオパーク秩父ガイドウォークが開催されました。

 5月3日は5連休の初日ということもあり、多くの方が参加してくださいました。見ごろを迎えている芝桜の咲く、羊山公園「芝桜の丘」からスタートします。

 

ジオウォーク2

 武甲山や羊山公園周辺の地形についての説明を受けながら、牧水の滝の脇を通り市街地方面へ向かいます。 
 

ジオウォーク3 ジオウォーク4

 ちちぶ銘仙館や市役所前を回った後、団子坂の急傾斜を下りて慈眼寺へ向かいます。慈眼寺の成り立ちや増上寺から譲られた石灯籠のお話に感心してしまいました。

ジオウォーク5 ジオウォーク6

 歴史ある街並みが続く番場通りを歩きます。この日は秩父屋台囃子20連太鼓が行われており、ガイドウォークに参加された皆さんも思わず足を止めて秩父屋台囃子に聴き入っていました。

ジオウォーク7 ジオウォーク8

 最後に秩父神社に施された、鎖をかけられた龍や、「よく見て、よく話し、よく聴く」三猿などのユニークな彫刻の説明を受けた後、秩父まつり会館前で解散となりました。

 羊山公園の自然から、番場通りや秩父神社の歴史まで幅広くお話を聴くことができ、有意義な時間となりました。

 秩父は「日本地質学発祥の地」ともいわれており、ジオツーリズムを楽しめる場所がたくさんあります。芝桜開花期間終了後もぜひ秩父に遊びに来てください!