冬空の下、だるまが並ぶ「虚空蔵尊縁日」

冬空の下、だるまが並ぶ「虚空蔵尊縁日」

虚空蔵尊縁日

 1月12日・13日、上宮地町にある「上宮山 虚空藏禅寺」にて虚空蔵尊縁日が行われました。この寺は丑・寅の守り本尊として有名で、秩父十三仏の一つとなっており、地元では“こくぞうさま”と呼ばれ親しまれています。今年は両日とも天候に恵まれ、多くの参拝客で賑わいました。

露店が並ぶ路地 たくさんの参拝客が並ぶ石段

 取材をした12日、18時半ごろ、狭い路地に並ぶ露店を通り過ぎ、虚空藏禅寺を訪れると、境内前の石段の下まで行列ができていました。この日はちょうど満月。月明かりに照らされ寒空の下、白い息を吐きながら並びます。

たくさんの参拝客が並ぶ参道 縁起物の出店

本堂1 本堂2

 長くて急な石段を上りきると、急に視界が開け、境内に入ります。境内には、通称「お宝」と呼ばれるきらびやかなお飾りなどの縁起物の出店が並び、賑わいをみせます。また、本堂には灯りをともした提灯が吊るされ、幻想的な雰囲気を醸し出しています。「今年も一年良い年でありますように・・・」皆さん両手を併せ、熱心にお祈りをしています。

だるまの出店1 たくさん積まれただるま

 境内の奥には、名物のだるまの出店が並び、裸電球の下、大きさも色もさまざまなだるまが積まれています。

 どこか昔懐かしく、情緒ある虚空蔵尊縁日“こくぞうさま”は、毎年1月12日・13日に開催されます。次はまた一年後。来年はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。