日産自動車株式会社から秩父市へEV無償貸与

 このたび、秩父市は、日産自動車株式会社の『EVをもっと身近に!プロジェクト・電気自動車活用事例創発事業』のモニターに選ばれました。 

 このプロジェクトは、EV(電気自動車)の活用方法を提案した自治体に対し、日産自動車株式会社が電気自動車「e-NV200」を3年間無償で貸し出すものです。

 平成28年3月9日(水)に行われた出発式では、中央日産自動車株式会社の高橋博文執行役員と埼玉日産自動車株式会社の森弘昭代表取締役社長、久喜邦康秩父市長よりあいさつがあり、森社長から市長へ目録が贈呈されました。
 貸与車両は、環境調査や定期的な防災訓練、各種イベント、市役所の本庁舎および各支所庁舎間での移動等に活用していく予定です。

 また、秩父市は、「環境立市ちちぶ」を掲げ、低炭素な地域社会の実現を目指しており、そのための取組のひとつとしてEVの普及を推進しています。e-NV200で市内を走行することで、EV普及のための広告塔としても活用します。
 なお、EVの電源として、電力会社から供給される電力だけでなく、太陽光や市で精製しているバイオディーゼル燃料等の再生可能エネルギーによって発電された電力を用いることにより、エネルギーの地産地消を目指します。

↑ピンク色のけん引式バイオディーゼル燃料発電機からe-NV200に給電しています。

お知らせ

 平成28年1月、道の駅ちちぶ、道の駅龍勢会館、道の駅大滝温泉に急速充電器を新たに設置したため、より安心して秩父市内をEVで走れるようになりました。