外国人住民の方に「住民票コード」の通知をします

 平成25年7月8日から、外国人住民の方も住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム、日本全国の住民基本台帳をネットワーク化したもの)に住所等の情報が登録され、「住民票コード」(住基ネットにおいて全国共通の、本人確認を行うために必要不可欠な無作為の11桁の番号)が付番されます。
 これにより、一部の行政機関で住民票の写しの提出が省略できたり、お住まいの市区町村以外でも住民票の写しの交付を受けられるなど、行政上の手続きが便利になります。
 また、住民基本台帳カード(電子証明書を入れることができるほか、写真つきのものは公的な本人確認書類として使用できます。)の交付も受けることができるようになります。
 住民票コードは平成25年7月8日以降、郵便でご本人に通知しますので、ご確認ください。

※住民票コードは、平成25年7月8日に通知(「住民票コード通知票」として発送)しました。
 

住民票コードは大切な番号です


 住民票コードの提示要求は、行政機関が法律で定められた事務を行う場合に限られており、民間での利用は禁止されています。他人に教えたり、必要がないのに住民票コードが入った住民票の写しを提出することがないようご注意ください。なお、住民票コードは変更できます。

リンク